2018年09月25日 17:08 公開

高校や大学での性暴力疑惑が浮上している、ブレット・キャバノー米最高裁判事候補(53)が24日、米保守系メディアのフォックス・ニュースに妻と共に出演し、「自分はどこにも行かない」と言明し、候補を辞退しない意向を示した。

ワシントン特別区の高裁判事を務めるキャバノー氏は、高校時代に女子校学生を押し倒して服を脱がせようとしたと本人から非難されている。23日付の米誌ニューヨーカー記事では新たに、イェール大学の同級生がパーティーで性器を目の前に突き出されたと発言した。

キャバノー判事は一貫して、そのような事実はなかったと主張している。

判事は、フォックス・ニュースのマーサ・マキャラム記者のインタビュー番組にアシュリー夫人と共に出演し、「偽の告発によって、(最高裁判事承認の)手続きから追われるなど、認められない」と述べた。

最初に、高校時代にキャバノー判事に服を脱がされそうになったと名乗り出た、カリフォルニア州パロアルト大学のクリスティーン・ブラゼイ・フォード教授(51)は、27日に米上院司法委員会の公聴会で証言する予定。フォード教授に前後して、キャバノー判事も同じ公聴会で反論の機会を与えられることになっている。

判事は「自分の誠実、女性の尊厳と平等を長年擁護してきた自分のこれまでの経歴について、自分で弁論できる公平なプロセスを求めている。私は14歳の自分を知っていた女性たちの尊厳と平等も、長年擁護してきた」と番組で述べた。

https://twitter.com/FoxNews/status/1044327977973108736


「フォード博士がかつて、何らかの時点で何らかの場所において誰かしらに性的暴行を受けたかもしれないと、その点について私はこれまで一度も疑う発言はしていないし、今もするつもりはない。しかし、自分は今まで一度も誰かを性的に襲ったことなどない。それは確かだ」と判事は強調した。

さらにキャバノー判事は、自分は高校卒業後も「長年にわたり」童貞だったと付け加えた。ただし、判事による性暴力を告発する女性たちは、同意の有無を問わず、性交があったとは主張していない。

<関連記事>

心理学を教えるフォード教授は16日付の米紙ワシントン・ポストに対して、自分がワシントン郊外の女子校、判事が近くの男子校に通っていた1982年ごろ、同年代の若者が一軒家に集まった際、酔ったキャバノー氏と別の男子生徒が、自分を寝室に連れ込み、キャバノー氏が自分をベッドに押し付けて服を脱がせようとしたと話した。悲鳴を上げようとするとキャバノー氏に手で口を押さえられ、もう1人の男子生徒が飛びのってきたため3人ともベッドから転げ落ち、そのすきに自分は逃げ出したのだという。

これに加えて23日付のニューヨーカーでは、イェール大学の同級生デボラ・ラミレス氏(53)が1980年代初めに大学寮のパーティーでの出来事として、「自分の顔の前に男性器があったのを覚えている。自分が望んだことではないし、そんな気分でさえなかったのを覚えている」と話した。

ラミレス氏はその状況から逃れるために、触りたくもない男性器に触るはめになったことや、自分の隣に立っていたキャバノー氏が笑いながらズボンを引っ張り上げたことを覚えていると、同誌に話した。

パーティーで飲酒していたため、記憶に空白部分があることをラミレス氏は認めていると同誌は書いている。

これについて米紙ニューヨーク・タイムズは「数十人」に取材をしたものの、ラミレス氏の主張を裏づけられなかったと書いた。

さらに、著名弁護士のマイケル・アベナッティ氏は記者団に、キャバノー判事による性的問題行動について「信頼できる情報」を持つ3人目の女性の代理人を務めていると明らかにした。同弁護士は、この女性が48時間以内に、キャバノー判事に対して名乗り出るはずだと述べた。

アベナッティ氏は、トランプ氏との不倫後に2016年の大統領選中に口止め料の支払いをトランプ氏の顧問弁護士から受けたと公表した、米ポルノ女優ストーミー・ダニエルズ(本名ステファニー・クリフォード)氏の弁護人も務めている。

ホワイトハウスの反応は

保守派判事のキャバノー氏を最高裁判事に指名したトランプ氏は24日、国連総会出席のため訪れているニューヨークで記者団に対し、キャバノー氏を告発する女性たちは「あちこちからうようよ出てきて」、「まったく裏づけのない」、「完全に政治的な」主張をしていると批判した。

「何かの候補になった人に対して、これほど不公平で不当なことはめったにないというくらい、ひどい事態なのかもしれない」と大統領は述べた。

トランプ大統領は20日には、「もしフォード博士への攻撃が本人が言うほどひどいものだったら、本人か愛する両親がただちに地元の捜査当局に被害届を出していたはずだと、確信している。日付と時間と場所が我々にも分かるよう、当時の被害届の内容を明かしてもらいたい!」とツイートしていた。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1043126336473055235


ケリーアン・コンウェイ大統領上級顧問は24日、「そろそろ、大掛かりな左翼の陰謀のような感じがし始めている」と述べた。

一方で、司法委の民主党筆頭委員ダイアン・ファインスタイン上院議員をはじめ民主党関係者は、キャバノー判事に対する様々な疑惑を完全に調べ終えるまで、上院の承認手続きを延期するよう呼びかけている。

(英語記事 Brett Kavanaugh: Embattled Trump nominee 'not going anywhere')