2018年09月26日 13:11 公開

米ペンシルバニア州の裁判所は25日、コメディアンで俳優のビル・コズビー被告(81)に対し、禁錮3年以上10年以下の実刑判決を言い渡した。

コズビー被告は「性暴力常習者(sexually violent predator)」と分類された。これによって、生涯にわたるカウンセリングの受講が義務付けられ、また性犯罪者登録簿にも終生記載される。近隣住民、児童養護施設、学校は、被告の所在地について必ず通知を受けるようになる。

被告には証言の機会が与えられたが、被告は発言を拒否した。

コズビー被告は4月の再審で、2004年にテンプル大学の元職員アンドレア・コンスタンド氏に薬物を使用し、性的に虐待したとして3件の性的暴行罪で有罪判決を受けた

被告が出した上訴中の保釈請求は認められなかった。

コズビー被告のカミール夫人は判決言い渡しを傍聴しなかった。

コズビー被告はコメディアンとして活躍し、1980年代には米テレビ界の代表的スターになった。テレビのホームコメディ番組「コズビー・ショー」(1984年~1992年放送)に出演し、米ニューヨーク州ブルックリンに住む裕福なアフリカ系米国人家庭の父親を演じると、 「アメリカの父」と呼ばれるほどの人気を得た。

裁判官が語った内容

コズビー被告への判決は、米ペンシルベニア州ノリスタウンにあるモンゴメリー郡裁判所で言い渡された。米CNNによると、スティーブン・オニール裁判官は判決言い渡し後、「これは深刻な犯罪だ」と述べた

「コズビーさん、これは全て因果応報だ。その日が来た、その時が来たのだ」

被害者の証言

コンスタンド氏は2017年6月、「助言者」と慕ったこともあったコズビー被告に薬を飲ませられ、暴行された様子を語った。薬の影響で体が「凍りつき」、抵抗できなかったという。

カナダ紙ナショナル・ポストが報じたコンスタンド氏の被害者影響報告書で、同氏は「性的暴行が私の人生に与えた影響を本当に理解するためには、それが起こる前の私がどんな人間だったかを理解する必要がある」と書いている。

「当時の私は絶好調だった。これからどんな挑戦が待ち受けていようと、自分が受けてきた教育と身体訓練が基盤となって、自分を支えてくれるはずだと確信していた」とコンスタンド氏は報告書に書いた。

「暴行のあと、実際に何が起こったのかよくわからなかった。しかし、痛みが多くを語った。恥辱の感覚は圧倒的だった。自己不信と混乱のせいで、いつも通りに家族や友人と向き合えなかった。完全に独りぼっちだと感じ、自分自身を含めて誰も信じられなくなった」

食べられなくなり、眠れなくなり、人付き合いもできなくなったと、コンスタンド氏は書いている。悪夢に悩まされた末、コンスタンド氏はついに母親に真実を打ち明けた。

「ビル・コズビーは私の美しく健康な若い魂を奪い、破壊した」とコンスタンド氏は述べた。「コズビーは私から健康、体力、開放的な性格、そして自分自身と他人への信頼を奪った」。

「過去を振り返るのではなく、前を向きたいと思っている」とコンスタンド氏は付け加えた。「本来の自分が、やり直す機会を与えられる、そんな場所にたどり着きたい」。

モンゴメリー郡のケビン・スティール地方検事は、「コンスタンド氏がいてくれるおかげで、私たちの暮らしは改善する。この暴行がいかにコンスタンド氏の人生を変えたか、お聞きの通りです。(中略)今回のように、世界中の観衆の前で何年も自分自身をさらけ出すのは、誰にとっても非常に難しいことだ」と述べ、コンスタンド氏に敬意を表した。

「コンスタンド氏はひっそりと暮らすこともできた。しかし、正義の実現が大事だと分かっていた」

被告の今後

AFP通信によると、コズビー被告が有罪となった性的暴行3件は、弁護側と検察の合意により1件にまとめられた。

心理学者のクリステン・ダッドリー氏は公判で、コズビー被告に精神障害の兆候がみられ、再犯の可能性があると証言した。

弁護側はコズビー被告の年齢と目が見えなくなっていることを理由に、再犯の恐れはないと主張したが、裁判官は判決言い渡しに先立ち、コズビー被告を性暴力常習者に指定した。

コズビー被告の広報担当者アンドリュー・ワイアット氏は法廷を「米国市場最も人種差別的で性差別的」と非難。コズビー被告を「性戦争」の被害者だと述べた。

一方、スティール地方検事はコズビー被告の有名人からの転落を以下のように要約した。

「被告はこの数十年、自分の真実の姿を隠し、その名声と富を使った犯罪を隠し通せてきた」

「コズビー被告は役柄の影に隠れていた(中略)しかしそれは創作だった(中略)被告は演技力を使い、そのテレビ上の愛すべき人格で、被害者を取り込み、沈黙を守らせてきた」

「多くの金を持つ人、有名な人、お茶の間に現れるだけで世界中から注目を集められる人が、犯罪を免除されたり、何事も自由にできたりする特権を得るようなことはあるべきでない」

他に告発者は?

女性約60人がコズビー被告の性的不法行為を告発しているが、時効のため立件はされていない。

しかし、名乗りを上げた人たちを嘘つきと呼び汚名を着せたとして、コズビー被告は名誉毀損で訴訟を起こされている。

「多くの女性が、我々と共に訴訟のプロセスを歩みたいと望んでいる。その人数に圧倒される思いだ(中略)女性たちはそれぞれ、ビル・コズビーに薬を盛られ、暴行されたり強姦されたりしたと、体験を語っている」とスティール地方検事は語った。

判決言い渡しを傍聴した告発者のリリ・バーナード氏と元モデルのジャニース・ディッキンソン氏は25日、「正義が実現しますように! #MeToo」とツイートした。

https://twitter.com/LiliBernard/status/1044604082680471553


コズビー被告は2015年に逮捕された。2017年6月の裁判では、陪審団が評決に至らず、審理無効となった

大勢がセクシュアル・ハラスメントや性的暴行の経験を共有する「#MeToo」運動が始まり、世界各地に広まる中、今年4月に再審が始まった。

(英語記事 Bill Cosby sentenced to state prison for sexual assault