井戸まさえ(元衆院議員、ジャーナリスト)

 新潮社は9月25日、ホームページに「『新潮45』休刊のお知らせ」として、批判を集めていた月刊誌『新潮45』を既刊の10月号で休刊すると発表した。突然のリセットだ。まずは全文を見てみよう。

 「新潮45」休刊のお知らせ

 弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。
 しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。
 会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。
 これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。
 今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。

2018年9月25日
株式会社 新潮社


 この「お知らせ」にはいくつか解せない点がある。まず、「このような事態を招いたことについてお詫び」し、「会社として十分な編集体制を整備しないまま『新潮45』の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断」したとしている。一方で、末尾には「今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存」であるとの決意も示している。
LGBTに関する論文掲載をめぐり、月刊誌「新潮45」の休刊を発表した新潮社=2018年9月25日、東京都新宿区(納冨康撮影)
LGBTに関する論文掲載をめぐり、月刊誌「新潮45」の休刊を発表した新潮社=2018年9月25日、東京都新宿区(納冨康撮影)
 その言葉が本当だとするならば、新潮社がやらねばならないことは、即刻「十分な編集体制を整備」し、偏見と無知に満ちた10月号が発刊された経緯を検証するとともに、杉田氏の論考を掲載することだ。それが「信頼に値する出版活動」なのではないだろうか。

 新潮社が本気になればできないことではないだろう。言論機関として、過去の編集者なども含めて、あらゆる努力をして特集号を組むぐらいのことはしてほしい。それをしないというのは、ここでなされた謝罪は形だけということだ。

 「それなりの痛みを支払ったことを示せば、事は終わり」。そんな安易な思惑が透けてみえる。