2018年10月04日 16:50 公開

ドナルド・トランプ氏の米大統領選勝利から2年、米国民は11月6日に中間選挙に臨む。

選ばれるのは主に連邦議会議員だが、投票結果によってはトランプ政権の今後が大きく変わる可能性もある。ちなみに「mid-term elections(中間選挙)」とは、大統領選と大統領選の間に行われるため、そう呼ばれる。

選挙では誰を選ぶのか?

立法府の連邦議会は上院と下院に分かれている。有権者は今回の選挙で両方の議員を選ぶ。

現在の連邦議会は上下両院ともトランプ大統領が率いる共和党の議員が過半数を占め、支配している。

民主党は今回、下院で過半数議席を獲得し、主導権を奪還するつもりでいる。

民主党が下院で主導権を握れば、例えば米国とメキシコの国境に壁を建築するなどのトランプ大統領の政策を阻止したり、遅らせたりすることができる。

今回の選挙では、下院は435議席全てが改選される。

民主党が過半数議席を獲得するには、少なくとも23議席を共和党から奪わなければならない。

これはそう難しいことではない。今年は多くの共和党議員が引退を表明しているため、議席も宙に浮いているのものが多い。

同じく共和党が支配している上院の選挙戦は、より見ごたえがあるだろう。今回は100議席中35議席が改選される。

民主党が2議席増やせば過半数を奪還できるが、共和党の改選議席はわずか9議席で、そのほとんどが共和党のままになると考えられている。

では、もし共和党が上院の支配を維持し、民主党が下院で過半数議席を獲得したらどうなるのか?

一言で言うなら、こう着状態だ。

政府内で共和党勢力と民主党勢力が拮抗し、なにひとつ合意できず、政府機関が事実上停止する「政府閉鎖」の危険性が大きく高まることになる。

優勢なのはどちらか?

支持率調査を信じるなら、民主党がさまざまな場所でリードしている。

一部の専門家も、今年の中間選挙はいわゆる「津波選挙」となり、民主党が大きく議席数を増やすと考えている。

また先例を見ると、中間選挙では与党が不利になりがちだ。南北戦争のあった1861~1865年以降の中間選挙で、与党は下院で平均32議席、上院で平均2議席、それぞれ議席数を減らしている。

つまり、トランプ大統領にとっては敗色が濃くなっている。

トランプ氏の支持率は40%前後を行き来しており、現代で最も評判の悪い米大統領の1人と言える。これも共和党にとっては不利に働き、民主党を活気付けるだろう。

さらに、今年は女性の立候補者数が史上最多となった。これには多くの理由がある。

2016年の大統領選でヒラリー・クリントン候補が負けたことへの意趣返しだという候補もいるが、何より共通しているのはトランプ大統領の政策に対する怒りだ。

一方、米経済の好調ぶりが、共和党への追い風になる可能性もある。

米国の昨年の家計所得は3.2%増加し、失業率は下がり続けている。トランプ大統領はツイッターで、米経済は「史上最高だ」と述べている。

トランプ大統領にとってこの選挙は?

トランプ政権はこの2年間、数々のスキャンダルに巻き込まれてきた。2016年大統領選でトランプ陣営がロシアと結託していた疑惑や、大統領自身が過去の不倫に絡み違法な金銭を支払っていたという疑いなどで、捜査が進んでいる。

今のところ民主党の主要議員らは、トランプ大統領の解任や辞任要求について公には話をしていない。

しかし、もしトランプ大統領をやめさせるとなった場合、下院では過半数以上の議員が弾劾決議に賛成票を投じる必要がある。

その次はどうなる? 大統領は「反逆罪、収賄罪、その他の重大な罪または軽罪」について上院で弾劾裁判にかけられる。

もし上院議員の3分の2以上が有罪と認定したら、トランプ大統領は職を追われ、保守傾向の強いマイク・ペンス副大統領が代わりを務めることになる。

これはどれほどすごいことなのか? これまでに、弾劾裁判で罷免された米大統領はいない。リチャード・ニクソン元大統領は下院に弾劾決議が提出される前に辞任した。ビル・クリントン元大統領は、上院の弾劾裁判にかけられたが、有罪にならなかった。

トランプ氏の場合、弾劾裁判で罷免されるよりも、政策が何も実現できなくなる事態のほうがあり得る。民主党が下院で過半数を取れば、トランプ大統領のあらゆる政策を次々と阻止できるからだ。

中間選挙の後は何がある?

中間選挙が終わると、次に待っているのは2020年の大統領選挙だ。

投票自体は2020年11月3日に行われるが、選挙キャンペーンは2019年に始まる。トランプ大統領は2期目を目指すと考えられている一方、民主党の候補は2020年1月から始まる数々の予備選を経て決まる。

今回の中間選挙では連邦議会議員に加え、36州で州知事選挙が行われる。

現在、36州中26州で共和党員が州知事を務めている。

大統領選挙のキャンペーンでは、寄付金を募ったりボランティアを集めたりと、州知事が党候補の支援で大きな役割を担うことになる。

そのため、中間選挙で新たに選出される州知事が、2019~2020年の大統領選に大きな影響を与える可能性がある。

(英語記事 A really simple guide to the US mid-term elections