山田順(ジャーナリスト)

 とうとう貴乃花(元横綱)が相撲協会から追放された、と言っていいのかどうか。いまだに、なぜこうなったのか、角界事情に明るくない一般人は腑(ふ)に落ちないだろう。かくいう私も、ここまでしなくてもよかったのではないかと、今も思い続けている。

 しかし、この事態を総括する論考を書かなければならなくなり、行き着いたキーワードが「人間関係」と「コミュニケーション」である。

 全ての組織は人でできている。官庁にしても、企業にしても、学校にしても、スポーツ団体にしても、人でできている。つまり、組織で発生する全ての問題というのは人間関係である。そして、人間関係はコミュニケーションなしでは成り立たない。

 これまで私は取材で数多くの会社を訪問したが、問題がある会社というのはすぐ分かるものだ。露骨な派閥争いがあったり、上が恐怖政治を敷いていたりして、人間関係が良くない。

 それが雰囲気ですぐ伝わってくる。社員同士なのにあいさつをしなかったり、役職者が下の者に大声で怒鳴っていたりする。こういう会社は、決まって業績が悪化する。

 それに対して、人間関係が良好な会社は本当に業績がいい。米国の調査研究で、成功する組織とどんなに優秀な人間をそろえても失敗する組織を比較したところ、成功する組織は人間関係が良好で、失敗する組織は人間関係がうまくいっていなかったという。

 つまり、全ては人間関係であり、良好な人間関係をつくるために必要なのはコミュニケーションである。日本の場合は、組織内では必ずあいさつを交わし、話し合わなければならないことがあれば、お互い誠意を持って話す。そうして、一つ一つのことを丁寧に対処していく。これが伝統である。

 ところが、貴乃花親方(もう元親方だが)と相撲協会の間には、全くコミュニケーションがなかった。
2018年9月25日、引退届を出し、記者会見する貴乃花親方(松本健吾撮影)
2018年9月25日、引退届を出し、記者会見する貴乃花親方(松本健吾撮影)
 八角理事長(元横綱北勝海)は記者会見で「なんで辞めるんだろうと、最初思いました」と言ったが、実に白々しかった。また、「親方としていろいろありましたけれど、私も一緒に協会を引っ張っていく。今はいろいろと勉強のときなんだと思っていましたので、『いつか』とずっと思っていました。ただ、今回辞めるということで非常に残念です」と続けたが、本当にそうなら、一度でも、一対一で彼と本音で話し合うべきだったろう。そうすれば、頑固一徹だが純粋でもある貴乃花を救えたかもしれない。

 貴乃花も貴乃花である。なぜ、とんでもない人間のアドバイスや、相撲には無益な宗教を受け入れ、協会とまともに話そうとしなかったのか。