渡邊大門(歴史学者)

 これまで見てきた通り、豊臣秀吉は決してイメージ通りの明るさがある人物ではなかった。秀吉はときに諸大名や家臣の行動に逆上し、厳しい処分を下すことがあった。秀吉の逆鱗(げきりん)に触れ、「臭い飯」を食うことになった武将も少なくない。ただ、秀吉の部下への厳しい対応は、冷徹な性格だけが理由ではなく、期待を含めた「愛のムチ」という側面もあったのだろう。

 その被害者の一人として、黒田官兵衛孝高がいる。官兵衛といえば、「偉大なナンバー2」と称され、秀吉がその存在を恐れたといわれている。しかし、それは真っ赤な嘘で、わずか約13万石の小大名の官兵衛が秀吉に敵(かな)うわけもなく、いいかげんな史料に基づいた、後世の人々による過大評価に過ぎない。

 結論を言うと、官兵衛が秀吉から悲惨な目に遭わされたのは、彼がクリスチャンだからだった。官兵衛がクリスチャンだったことは、福岡藩の正史『黒田家譜』には書かれていないが、フロイスの『日本史』の記述により明らかになっている。『黒田家譜』に書かれていないのは、近世になってキリスト教の禁止が本格化し、中興の祖・官兵衛がクリスチャンでは都合が悪かったからだ。

 官兵衛がキリシタンに関心を抱くようになったのは、小西行長の勧誘によるものであった。次いで、官兵衛を蒲生氏郷と高山右近が受洗へと導き、「小寺シメアン官兵衛」と称したという。天正13(1585)年のことである。ただ、実際に官兵衛の洗礼名は「シメオン」なので、標記が異なるのは発音上の問題であると考えられる。実際、官兵衛は花押の代わりにローマ字印を使うこともあったので、キリシタンだったのは確実である。

 官兵衛は秀吉の側近として重要な任務に従事していたので、デウス(神)のことを知る時間が甚(はなは)だ乏しかったと伝える。したがって、キリスト教に関する基礎知識には欠けていたようだ。にもかかわらず、イエズス会では官兵衛に大きな期待を抱いた。官兵衛が教えを聞く機会を持てば、その信仰は堅固になり、「デウスの奉仕」に役立つと述べている。

 官兵衛が豊臣秀吉のもとで毛利氏と国境策定をめぐり、毛利輝元と交渉を行った際、イエズス会のコエリュ副管区長の要請に応じて、山口でキリシタンがもとのように居住できるよう働きかけることを応諾した。官兵衛はキリスト教の熱心な信者であり、布教の手助けを行っていたことが明らかである。
黒田如水居士画像=祟福寺(福岡市)所蔵
黒田如水居士画像=祟福寺(福岡市)所蔵
 これまで豊臣秀吉はキリスト教に一定の理解を示していたが、天正15(1587)年6月に博多でバテレン追放令を発令し(「松浦史料博物館所蔵文書」)、キリスト教の信仰は事実上禁止された。早速、秀吉はキリシタン大名・高山右近に棄教を強制し、右近がこれを拒否すると改易という厳罰に処したのである。

 その矛先は、官兵衛にも向けられた。『日本史』には、秀吉がキリスト教を激しく憎悪して、19にわたる決定事項を下したと記されている。そこには、官兵衛について、次のように書かれている。

 過ぐる戦争(九州征伐)において輝かしい武勲をたてた官兵衛殿に対しては、豊前の国を約束していたが、彼(官兵衛)がキリシタンであり、貴人(諸大名)たちに、我らの教え(キリスト教)を聞いて受洗するように説得しているとの理由から、後刻、(秀吉は)大いに(官兵衛)を叱責し、厳しい(仕打ちに)より彼からそれ(豊前国)を没収した。その後、(官兵衛への厳しい処分を)保持しきれなくなって、彼にふたたび(豊前国)を与えることになったが、かなりの部分をだまし取った。

 キリシタンの官兵衛が受洗を諸大名に熱心に勧めたことから、秀吉は激しく官兵衛を叱責し、いったん恩賞として与える予定だった豊前を取り上げた。ところが後日、秀吉は官兵衛に厳しい態度で接し続けるのが困難であると悟り、大幅に削減したうえで、改めて官兵衛に豊前・中津を与えたというのである。秀吉が再び与えた理由は判然としないが、2人の関係に亀裂が入っていたのは明らかである。