2018年10月12日 10:16 公開

英国で新たに施行された反汚職法に基づき、「不明財産に関する命令」がこのほど初めて適用され、ロンドン西部の高級百貨店ハロッズで10年間に1600万ポンド(約23億円)もの買い物をした女性の名前が10日、ザミラ・ハジイェバ氏(55)と公開された。

ハジイェバ氏はこれまで裁判で匿名を求めていたが、人々は事実をすべて知る必要があるとして報道機関が異論を唱えた結果、ハジイェバ氏の法廷での要請は退けられ、名前が明かされることになった。

アゼルバイジャン出身のハジイェバ氏は、元政府系銀行員の妻。

ハジイェバさんは高等法院で財産の資金源を説明できない場合、ハロッズ近くの1500万ポンド(約22億円)の自宅とロンドン郊外のバークシャーに所有するゴルフコースを失う可能性がある。

今回初めて適用された、英国の「不明財産に関する命令」(UWO)に基づき、ハジイェバ氏は英国家犯罪対策庁(NCA)に対し、夫で詐欺と着服で有罪判決を受け服役中のジャハーンギール・ハジイェブ受刑者と自分がロンドンの高級住宅街ナイツブリッジに豪邸を購入できた理由を、明確に説明する必要がある。

ハジイェバ氏の弁護士は、UWOは夫婦が「違法行為をしたと示唆するものではなく、そう受け取られるべきでもない」と述べた。夫婦は、命令を不服とする訴えの許可を求めている。

「不明財産に関する命令」とは

UWOとは、不正に入手した金を英国内で洗浄した可能性のある、不正行為疑惑が持たれている外国政府関係者を対象とする新たな法的権限。

NCAの捜査員は、数十億ポンドの不正資金が英国の不動産に注ぎ込まれていると考えている。しかし十分な証拠がないため、不動産所有者を告発したり資産を差し押さえたりするのはほぼ不可能だ。

新たに導入されたUWOは、不動産所有者に強制的に資産を開示させる試み。

不正が疑われる外国政府関係者またはその家族が、財産の出所として正当な資金源を示せない場合、NCAは高等法院に対し、不動産の差し押さえを要請できる。

UWO初適用の夫妻何者なのか

ジャハーンギール・ハジイェブ受刑者は過去にアゼルバイジャン国際銀行で会長を務めていた。

ハジイェブ受刑者は2016年、同行から数千万ポンドが消えた大規模な詐欺および着服事件に加担したとして有罪判決を受け、15年の禁錮刑が確定した。また、裁判官から3900万ドル(約43億円)の返済も命じられた。

その7年前、英領バージン諸島に拠点を置く企業が、ロンドン西部のハロッズから徒歩数分の場所にある豪邸に1150万ポンド(約17億円)を支払った。現在の市場価格では1500万ポンド(約22億円)になるとみられている。

高等法院で行われた裁判で、豪邸の最終的な所有者はハジイェバ氏と夫だと確認された。

2013年、ハジイェバ氏が管理する別の会社が、ロンドン郊外バークシャーのミル・ライド・ゴルフクラブを1000万ポンド(約15億円)以上で買収した。

ハジイェバ氏は、英内務省から発行された富裕層の投資家向けビザで英国に居住している。


夫妻は英国にいくら持ち込んだ

今年7月、夫妻が「A夫妻」とだけ明かされていた高等法院での公判で、ハジイェバ氏が巨額の可処分所得を持つと明らかにされた。

ハジイェバ氏はハロッズで10年間にわたり、1600万ポンド以上を費やした。1日あたりに換算すると4000ポンド(60万円弱)以上となる。

裁判で明かされた散財には、高級宝飾品や香水、時計ブランドのブシュロンで1日に15万ポンド(約2220万円)を使った例もある。

その翌日には、自宅ワインセラー用に1800ポンド(約27万円)でワインを購入した。

また別の機会には、カルティエの宝飾品に10万ポンド(約1500万円)、高級男性用品に2万ポンド(約30万円)使った。

ハジイェバ氏は、ロイヤリティ・カード(ポイント・カード)3枚、夫の銀行が発行したクレジットカード35枚を使っていた。

高等法院のサパーストーン裁判官はUWOの命令を支持する判断を下した際、「(夫)A氏の裁判報告書に照らし合わせて、この証拠が重要だという点でNCAに同意する。銀行での立場を悪用して家族の名前でクレジットカードを発行し、多額の債務が同行に増やしたとの申し立てに関する裁判だ」と述べた。

また、夫妻がハロッズの私用駐車場に駐車スペース2つを所有している他、4200万ドル(約47億円)でプライベートジェットのガルフストリームG550航空機を購入していたことが、公的な記録から明らかにされた。

汚職に取り組む非政府組織トランスペアレンシー・インターナショナルUKのダンカン・ヘイムズ政策担当部長は、UWOの活用を圧力団体が「喜んで」いると話した。

ヘイムズ氏は「英国全土で44億ポンド(約6500億円)相当の疑わしい資金が特定されており、UWOをもっと活用すべきだ」と述べた。

ハジイェバは不正行為を認めているのか

いいえ。ハジイェバ氏は告発内容について無実だと主張しており、2月にUWOの命令が出された際には、不服を申し立てようとした。

ハジイェバ氏の弁護団は高等法院に対し、夫婦は非常に不当に扱われていると述べた。

「ザミラ・ハジイェバ氏に対するUWOの宣告を高等法院が支持する判断を下したことが、ハジイェバ氏や夫が、違法行為をしたと示唆するものではなく、そう受け取られるべきでもない」と弁護団は声明の中で述べた。

「NCAのケースでは、UWOは調査過程の一端を担っているのであり、刑事訴訟ではない。つまり犯罪行為を見つけるものではない」

ハジイェブ受刑者は銀行からの着服を否定しているが、判決への不服申し立ては失敗した。弁護団は、アゼルバイジャンを支配している汚職一家とハジイェブ受刑者との関係は破綻しており、代償も払ったと話す。

ハジイェブ受刑者は自分に課せられている罪状について、欧州人権裁判所に介入を求めている。

ハジイェバ氏はUWOに命令不服を申し立てた際、夫の財産は、銀行で会長になる前に事業で成功を重ねたためであり、自力で裕福になったと主張。夫は正真正銘の合法なビジネスマンだと述べた。

しかしNCAは裁判所に対し、ハジイェブ受刑者は1993年から2015年に国家公務員として務めており、捜査員が追跡したような財産を蓄える手立てはなかったはずだと指摘している。

(英語記事 Woman who spent £16m in Harrods revealed