2018年10月19日 12:15 公開

欧州連合(EU)は、ブレグジット(英国のEU離脱)後に設定された移行期間を延長したいという英国の提案を受け入れる方針だ。

英国とEUは、ブレグジット後に将来の永続的な関係へと円滑に移行するため、2019年3月30日から2020年12月31日までの21カ月間を移行期間としている。

しかし離脱合意がまとまらない中、テリーザ・メイ英首相は必要であれば移行期間を「数カ月間」延長したい考えを示した

一部の離脱推進派はこれに強く反発している。

メイ氏は、移行期間の延長を提案したわけではないと話した一方、延長を視野に入れることで、アイルランド国境をめぐるこう着状態を脱する一助になるかもしれないと述べた。

EU関係者はBBCの取材に対し、英国が移行期間を延長した場合には「財政にも影響」が出るだろうと話した。

<関連記事>

欧州理事会のドナルド・トゥスク常任議長(大統領に相当)は17日に行われたEU加盟国首脳会議(サミット)の後の記者会見で、ブレグジット後に英国・北アイルランドとアイルランドの国境管理を回避する方策について、大きな進展はなかったと述べた。

「もし英国が、移行期間の延長が合意達成を助けると決めたなら、各国首脳は前向きに検討するだろう」

その上でトゥスク氏は、9月にザルツブルクで開かれた前回サミットよりも「格段にいい気分」だと話した。

欧州委員会のジャン=クロード・ユンケル委員長は、移行期間の延長は「きっとそうなるだろう」とした上で、英国とEUの長期的関係を設計するための時間が取れる良いアイデアだと述べた。

メイ英首相はサミット後の記者会見で、移行期間の延長を視野に入れることは国境管理を回避する「バックストップ(防御策)」を模索するための、「追加解決策」になるだろうと話した。

「この場で移行期間の延長を提案しているわけではない」とメイ首相は強調した。

「北アイルランドのバックストップ問題について、解決策を見つけるために動いている」

メイ首相は、英・EU双方が一刻も早く未解決の問題を解消できるよう努力している述べ、「皆が合意に達したいと心から願っている」と付け加えた。

また、アイルランドのリオ・バラッカー首相は、「多くの案件で合意に至ったが、将来の関係性や、英国・北アイルランドとアイルランド間の規約について、バックストップについてはなお大きな隔たりがある」と話している。

何が問題なのか

英国は2019年3月29日にEUを離脱するが、その後にEUとの将来の永続的な関係へ円滑に移行するための移行期間(メイ首相は導入期間という呼び方を好んでいる)が設定されている。

この期間中は、英国とEUの関係は離脱以前とほぼ同じだ。

英国は今回、移行期間中にEUとの新たな協定が施行しなかった場合に、北アイルランドとアイルランドの国境に税関を置かないための保険となる「バックストップ(防御策)」を導入することに同意した。

しかし、バックストップの具体的な内容や期限については合意に至っていない。

英国内での反応は?

メイ首相と閣外協力を結んでいる北アイルランド・民主統一党(DUP)のナイジェル・ドッズ氏は、移行期間の延長は英国に何十億ポンドのものコストを課すだけで、EUのバックストップ案の「根本的な問題」は変わらないと指摘した。

EUのバックストップ案は北アイルランドをEUの管轄下に置くもので、英国政府とDUPはアイルランド海に新しい国境を生み出すとして受け入れられないとしている。

EU離脱派もこの案には不満で、保守党のジェイコブ・リース=モグ議員はスカイ・ニュースのインタビューで「目標達成を狙うにしては残念なやり方だ」と話した。

離脱派が推進する「Leave Means Leave(離脱は離脱)」キャンペーンは、移行期間の延長は「EUに交渉を促す材料にはならず、英国にあらゆる要求を押し付ける権限を与えるだけだろう」と指摘している。

これに対して首相官邸は、首相が「導入期間の始まりと終わりについてとても明確にして」おり、「その導入期間の範囲内のルール」だと述べたペニー・モーダント国際開発相の意見と同調すると話した。

保守党の元閣僚、ニック・ボールズ議員はBBC4のラジオ番組「トゥデイ」に出演し、移行期間の延長は「やけっぱちの最後の一手」で、メイ首相は保守党内での支持を失っていると警告した。

EU残留派の元閣僚、ニッキー・モーガン議員も、延長は「助けにならず」、英国は「ブレグジット保留状態」にずっと留め置かれていしまうと指摘した。

最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は移行期間延長を支持するかとの質問に、「メイ首相はEUとの意味ある合意を何一つ取り付けられず、自らを窮地に追い込んでいる」と述べた。

デイビッド・リディングトン内閣府担当相は、移行期間延長コストについて交渉で取り上げていく必要がある指摘した。

(英語記事 EU ready to extend transition period