11月に中間選挙を控えるドナルド・トランプ米大統領。これまでワンマンな政治スタイルで内政、外交ともにさまざまな物議を醸してきたが、それだけ米国の大統領は絶大な権力を握っている証ともいえる。では、実際にどれだけパワーがあるのか。ニッセイ基礎研究所・上席研究員の篠原拓也氏に「ゲーム理論」を用いて数値化してもらった。

* * *

 タイトルから、アメリカの大統領を含めた、国際政治情勢の話を期待された読者がいるかもしれない。残念ながらそういうテーマではなく、計算の話をしていく。あしからず、ご了解を。

 日本のような議院内閣制をとる国では、首相といえども議会(国会)では、1人の議員に過ぎない。議案に対する表決での投票力は、他の国会議員と同じということになる。

 しかし、アメリカのような大統領制をとる国では、大統領が国民の投票によって選ばれる。大統領は、議員ではないため、議会での議案審議には加わらない。しかし、議会に対して、拒否権という切り札を持っている。たとえ議会が過半数で可決した法案でも、大統領は拒否権を発動して署名をせずに、法案を差し戻すことができる。大統領は、制度上、絶大な権限を握っていることになる。

 このアメリカの大統領のパワーを、測ってみることはできないだろうか。そんなときに、よく用いられるのが、ゲーム理論で有名な「シャープレイ=シュービック指数」だ。この指数を使うと、さまざまな議会や株主総会などでの、議員や株主等の投票力を数値で示すことができる。

 指数の計算を始める前に、まず、アメリカの連邦議会での法案成立の仕組みを簡単にみておこう。

 連邦議会は、日本の国会と同じく二院制をとっており、100名の議員からなる上院と、435名の議員からなる下院で構成される。ある法案が成立するためには、2つのケースがある。
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
 ケース1は、両院でそれぞれ過半数の賛成で可決した上で、大統領が拒否権を発動しないこと。

 ケース2は、大統領が拒否権を発動しても、それを覆すために、両院でそれぞれ3分の2以上の賛成で可決すること。