2018年11月08日 12:09 公開

6日に投開票が行われた米中間選挙で民主党が連邦議会下院で過半数を取得したことを受け、ドナルド・トランプ米大統領は7日、民主党と協力していく姿勢を示した。

しかし、ホワイトハウスで開いた記者会見で大統領は激しい口調で一部の記者を攻撃するなど、いら立った様子で、もし民主党が自分を調べようというなら「対決姿勢」で応じると話した。

記者会見ではトランプ氏が記者を「お前はひどい人間だ」などと罵倒し、黙るよう命じる場面もあった。

民主党のナンシー・ペロシ下院院内総務はトランプ大統領と協力するつもりだと述べる一方、法手続きに沿った政権監視の役割を果たすと約束した。

共和・民主両党の連携はあるのか?

7日の記者会見でトランプ大統領は、優先事項となっている法案について民主党と協力したいと融和の手を差し伸べ、インフラや貿易、医療などの分野で協力できるはずだと提案した。

一方で、民主党側がトランプ氏に対して資料提出の召喚状を送り届けるなど、法的措置を取り始めた場合は、共和党も同じように報復すると警告した。

下院議長に有力視されているペロシ氏は、民主党はホワイトハウスの対抗勢力として機能していくと約束した。

記者会見でペロシ氏は、民主党はトランプ大統領との妥協点を模索する用意はあるが、「譲れないところは決して譲らない」と語った。

民主党は今後、下院でトランプ氏の政策を阻止できるだけでなく、納税申告書の公表を含むビジネス上の問題などを調査する下院委員会で主導権を握る。

トランプ大統領の発言

トランプ氏は中間選挙の結果について、共和党にとって「大きな勝利」であり「すばらしい日」だったと語った。

特に上院で過半数を維持したことについては、同党が「歴史を打ち破った」と称賛した。

さらに、選挙戦で自分を「受け入れ」なかった共和党候補が中間選挙で敗北したことを揶揄(やゆ)した。

「彼らの結果は散々だった。喜ぶべきか悲しむべきか分からないが、それでいいと思っている」

記者会見でトランプ大統領は米CNNのジム・アコスタ特派員を相手に怒りをあらわにし、アコスタ記者を「失礼でひどい人間」、「国民の敵」などと呼んだ。アコスタ記者を擁護したNBCのピーター・アレクサンダー記者には、「そっちも大して好きじゃない」と告げた。

ホワイトハウスはこの記者会見の後、アコスタ記者のホワイトハウス記者証を取り上げた

また、中米から米国に向かって北上している「移民キャラバン」を「侵略」と呼んでいることについて質問され、いら立つ様子も見られた。

大統領が国家主義者を名乗ることで白人国家主義者を奮起させていると思うか、PBSのヤミーチェ・アルシンドール記者が質問すると、「何て人種差別的な質問だ」と答えた。アルシンドール記者はアフリカ系女性。

記者会見の後、トランプ大統領はツイッターでジェフ・セッションズ司法長官を更迭すると発表した。

中間選挙の結果は?

全ての結果が出そろっていないものの、民主党は下院(定数435)の過半数を奪うのに必要だった23議席以上を新たに獲得した。

一方、共和党は上院(定数100)で51議席を確保し、最終的には54議席まで伸ばす見込みだ。

これによって、共和党は連邦判事や政府高官の指名・承認プロセスでより大きな裁量権を持つことになる。

上院選で共和党はインディアナ州、ミズーリ州、ノースダコタ州で現職の民主党議員から議席を奪ったほか、テキサス州での激戦を制した。フロリダ州では接戦のため再集計となっている。

対する民主党は危ういとされていたモンタナ州、ニュージャージー州、ウェストバージニア州の議席を守り抜き、ネバダ州では共和党議員から議席を奪ったものの、過半数には届かなかった。

36州で同時に行われた知事選では、共和党はフロリダ州で辛勝。ジョージア州でも接戦を制する見通しだ。

民主党はミシガン州、イリノイ州、カンザス州で知事の座を獲得した。また、ウィスコンシン州では共和党の大統領候補と目されているスコット・ウォーカー氏を破った。

女性議員が急増

女性の年」と呼ばれた今回の中間選挙では、女性候補が多くの勝利をあげた。

ニューヨーク州14区のアレクサンドリア・オカシオ=コルテス氏とアイオワ州1区のアビー・フィンケナウアー氏は共に29歳で、史上最年少の連邦議会議員となった。

ミシガン州13区のラシダ・タリーブ氏とミネソタ州5区のイルハン・オマル氏は初のムスリム(イスラム教徒)女性議員に、カンザス州3区のシャリス・デイビッズ氏とニューメキシコ州1区のデブラ・ハーランド氏は初の先住民女性議員となった。

またマサチューセッツ州7区ではアヤンナ・プレスリー氏が当選し、同州初の黒人女性下院議員が誕生した。いずれも民主党からの立候補だった。

(英語記事 Trump offers Democrats carrot and stick