産経新聞取材班

(産経NF文庫『さらば革命的世代-50年前、キャンパスで何があったか』より抜粋)

 「機動隊が来たら、『ピンク大のやつらを前に行かせろ、ピンク大は前へ』なんて叫んでいましたね」

 同志社大学全学闘(全共闘)のメンバーだった男性(60)は大学紛争時の〝学閥〟について興味深い話を始めた。

 ピンク大とは桃山学院大学のこと。「桃」の頭文字から、「ピンク大」「ピン大」などと呼ばれていたが、逮捕の恐れのある危険な場所に彼らを行かせ、いわば「人身御供になれ」という乱暴なかけ声だった。

 男性によると、関西の場合、入試の難易度順そのままに、作戦立案は京都大の学生で、現場指揮官は同志社大、前線には桃山学院大やそのほかの学生が出て行くことが少なくなかったという。

 「権威」に反発し、「大学解体」まで叫んだ彼らが、現実の闘争では「大学名」を前面に出す。

 このエピソードには「自分たちの闘いに、そのような序列はなかった」と反論する全共闘OBもいる一方、「全国全共闘トップの山本義隆さんが、東大出身者だったという事実が、われわれもまた学歴社会につかっていた証拠だ」「セクトの細分化が進むにつれて大学による序列が次第にできていった」と分析した人もいた。

 今となっては正確な事実の検証は難しいが、当時を知る警察OBは「運動の指導者は国立大の学生に多く、われわれとしても逮捕したら起訴に持ち込みたかった」と振り返り、こう指摘した。

 「前線の『兵隊』なんて一晩留置されて釈放されるケースがほとんどだった。学生の指導者たちもそこに気づいていたからこそ、前線に無茶をさせていた。逆に指導者自らが逮捕されれば、組織が壊滅させられるほどのダメージを受けてしまう。結果として彼らの内部にも大学による序列化のようなものが生まれたのではないか」

 東大・安田講堂の陥落から約10カ月が経過した69年11月5日、山梨県内の山荘「福ちゃん荘」で、宿泊中の赤軍派メンバー53人が凶器準備集合罪などで一網打尽に逮捕される「大菩薩峠事件」が起きた。
大菩薩峠で逮捕された赤軍派学生ら。軍事訓練し、首相官邸を占拠する計画だったという(1969年11月)
大菩薩峠で逮捕された赤軍派学生ら。軍事訓練し、首相官邸を占拠する計画だったという(1969年11月)
 赤軍派はその2カ月前に東京・日比谷公園で行われた全国全共闘結成大会で初めて登場した新左翼の最過激派。彼らは首相官邸占拠計画を立案し、大菩薩峠で軍事訓練をしようとして警察当局に見破られたのだ。当時、全共闘運動は下降線に入っており、運動から距離を置く学生が増えていた半面、さらに過激な行動に活路を見いだすグループが出始めた時期でもあった。