2018年11月13日 11:29 公開

アイルランドの南西沖で9日、強い光とUFOらしき物体が報告された。アイルランドの航空当局が調べている。

現地時間11月9日午前6時47分ごろ、英ブリティッシュ・エアウェイズの操縦士が、シャノン空港の航空管制室に連絡をとった。

操縦士は、同地域で軍事訓練があったかを確認した。「非常に速く動く」何かがあったためだという。

航空管制官は、そのような訓練は実施されていないと答えた。

カナダのモントリオールから英ロンドンのヒースロー空港に向かう航空便に乗っていたこの操縦士は、「とても明るい光」が見え、そして飛行機の左側に物体が現れたと話した。物体はその後、「高速で北に進路を変えた」という。

操縦士は物体はいったい何なのか不思議に思ったものの、衝突してくるようには見えなかったと述べた。

ヴァージン航空の別の操縦士も同様の内容を報告し、隕石か地球大気圏に再突入した物体ではないかと話した。

ヴァージン航空の操縦士は、「同じ軌道をとる複数の物体」があったと話した。物体は非常に明るい光を放っていたという。

操縦士は、「2つの明るい光」が右側に見えたと述べた。光は高速で離れていったという。

この操縦士は、物体のスピードが「隕石のようで、マッハ2ぐらいだった」と話した。マッハ2は音速の2倍。

アイルランドの航空専門家トレヴァー・バックリー氏はツイッターで、航空管制室の交信音声を生放送するウェブサイトの音声リンクを示し、「非常に興味深い報告がシャノン上空に。11月9日金曜日の6時30分ごろ、アイルランドのケリー州で、複数の航空機がUFOの目撃を報告。報告は17分から」とツイートした。

アイルランド航空局(IAA)は、「11月9日金曜日に少数の航空機からあった、上空での異常な活動に関する報告を受け、IAAは調査を進めている」と発表した。

「この報告は、発生事案における通常の機密プロセスの下、調査される」

シャノン空港の広報担当者は、IAAが調査中なので、空港当局がコメントするのは適切でないと述べた。

(英語記事 UFOs spotted off Irish coast under investigation