お気づきだろうか。日本の大人が抱く韓国へのイメージとは全く異なる感覚で、10代は韓国カルチャーを楽しんでいるのだ。

 筆者が取材で知り合う中高生たちは、全員がK-POP好きというわけではない。テーラー・スウィフトやワン・ダイレクションといった米英のアーティスト、そしてもちろん国内のアーティストが好きな人たちもいる。

 しかし、大人が青春時代に感じていた洋楽や欧米の生活への憧れは、ほとんど感じられない。英語をマスターするよりも、韓国語を学んだり、ハングルが書けたりすることが「イマ風」なのだ。

 中高生のLINEを見ると、プロフィルなどに表示される「ステータスメッセージ」にハングルで思いをつづっている人たちがいる。ツイッターやインスタグラムのプロフィルにもハングルをよく目にする。当然、彼女たちとつながっている友人全員が理解できるものではない。その「わかる人にはわかる」暗号のような加減もいいのだろう。

 また、「いいねジュセヨ(いいねください)」と韓国語を一部組み合わせて使う人や、「センイルチュッカヘヨ(誕生日おめでとう)」と韓国語でLINEのバースデーカードに記す人も珍しくない。昭和のころなら、少し気取りたいときに英語やフランス語などで書く人がいたが、今どきの若い子は韓国語を使うのだ。

 そんな世代が今回の騒動をどう見ているのか。修学旅行で広島の原爆ドームを見てきた女子中学生に話を聞くことができた。

 彼女はBTSのファンではないが、TWICEはかわいい、とSNSでチェックする程度のK-POPファンだ。修学旅行でガイドや被爆者から話を聞き、原爆の恐ろしさを知ったという彼女はこう言っていた。

 「もしバンタン(BTSの愛称)が原爆のことをバカにしていたら頭にくるけど、きっとそれほど考えていないんだと思う。バンタンが好きな友人は、とにかくMステ(ミュージックステーション)でバンタンが見られないことにショックで、それ以上のことは考えていなかった。今は来日してるから、握手会やら何やらで忙しくて忘れてる」

 さらに、BTSファンの友人が紅白歌合戦の選考に漏れたことについて何か言っているかを尋ねたところ、そもそも紅白を重視していないので問題ではないらしい。
2018年11月、韓国・仁川で公演する韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」のメンバーら(聯合=共同)
2018年11月、韓国・仁川で公演する韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」のメンバーら(聯合=共同)
 BTSは最近の呼び名で、元々は「防弾少年団」という名前だ。防弾チョッキが軍をイメージさせるからか、BTSファンは「ARMY(アーミー)」と呼ばれる。とすると、政治的思想から今回のような行動を起こしていた印象も受けるが、防弾少年団の由来は「10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守り抜く」であることから、関連はないのだろう。BTSの所属事務所は11月13日に「被害に遭われた方を傷つける意図は一切ない」と謝罪の言葉を発表した。

 今回の件は日本の韓流ブームにそれほど影響していないように感じるが、軽率な行動により日韓の若者の心に澱(おり)がたまっていく可能性もある。影響力の大きいアーティストとして、今後の活動に期待したい。