所属事務所は「ミュージックビデオの監督に確認した結果、『単純にコラージュの技法を使っただけで、特定の意図はなかった』と聞いた」「誤解の余地をなくすため修正した」とコメント。重ねて言うまでもないが、釈明まで今回のBTS騒動とそっくりである。

 以上、韓国での原爆に対する認識の表出事例をいくつか見渡した。彼らの原爆投下に対する認識の水準がいかなるものか、お分かりいただけたと思う。今回のBTSの原爆Tシャツの事例でも「深い意図はなかった」と擁護する向きもあるが、Tシャツを製作した業者にまで「深い意図はなかった」とは言えまい。

 件(くだん)のTシャツをデザインしたのは、韓国の「LJカンパニー」という会社だが、この会社は過去にも竹島や日本の敗戦をモチーフにした商品を製作している。ともあれ、今回の騒動に関して同社のイ・グァンジェ代表は、韓国マスコミの取材に対し「反日感情と日本に対する報復などの意図があるわけではなかった」「反日感情を助長しようとする意図はなく、その点でもBTSに対して申し訳ない」とコメントした。

 またしても「悪意はなかったが、結果が悪かった。だから申し訳ない」という釈明である。悪意はなかったとしても、原爆を自分の商売に利用している点で、より狡猾(こうかつ)だと言える。もっと言えば、BTSに対しては「申し訳ない」が、被爆者に対しては何も感じていないらしい。

 ちなみに、原爆Tシャツは注文が殺到し、品切れ状態にあるという。こんな有り様だから、原爆投下絡みの騒動は今後いくらでも再発するだろう。

 今回の騒動に関して、SWCは「長崎の原爆被害者をあざけるTシャツを着ていたことは、過去をあざけるこのグループの最新の事例にすぎない」「国連での講演に招かれたこのグループは、日本の人々とナチズムの犠牲者たちに謝罪する義務を負っていることは言うまでもない」と述べている。
長崎市の原子爆弾落下中心地碑(ゲッティイメージズ)
長崎市の原子爆弾落下中心地碑(ゲッティイメージズ)
 本来ならば、これは日本政府、いや日本人が声を大にして言うべきことである。筆者が今回の騒動で最も嫌悪を感じたのは、原爆投下について無知なBTSのメンバーや原爆投下をあざける韓国人、そして原爆投下をネタにして金もうけをたくらむ韓国人についてではない。

 原爆投下について確たる認識を持たず、「政治と文化を一緒にしてはいけないよね」「騒動に巻き込まれたBTSがかわいそう」などと擁護した一部の日本人についてである。彼らは、日本人のグループが他国を愚弄(ぐろう)する衣装をまとって海外公演を行ったとしても、本当に同じように擁護するのだろうか。

 「歴史の真実」「国家の品格」、そして「普遍の真理」というものは、確固たる信念と断固たる覚悟がなければ守り抜けない。それは、趣味と商売にすぎない韓流(はんりゅう)アイドルのコンサートなどとは全く別次元のものである。前述のSWCの声明はそれを痛感させるものだ。果たして、日本人にそうした「信念」はあるのだろうか。今回の騒動は、改めて日本人にその「覚悟」の程を問いかける事象だったと思えてならない。