山田順(ジャーナリスト)

 もはや再起は不可能。このまま引退するのが妥当だ。もし本人がそれを望まず、再起を果たすために強行出場するなら、それこそ本当の悲劇が起こる。

 どう見ても、初場所の復帰では、今場所休場した白鵬、鶴竜の両横綱をはじめとするモンゴル勢にボコボコにされる。さらに、ガチンコの日本人力士も徹底して金星を狙いにくる。となると、土俵上で立ち往生して泣き顔になる横綱稀勢の里の哀れな姿を、私たちは何度も見なければならない。

 それは、もう勘弁してほしい。これ以上、日本相撲協会も、そして相撲ファンも、稀勢の里を傷つけて何になるというのだろうか。
 
 稀勢の里がここまで追い込まれたのは、誰もが知るように、「日本人横綱の誕生」を願った相撲協会とファンの思惑と、本人が徹底してこだわった「ガチンコ道」である。

 それゆえ、本人は「もう1回チャンスをもらいたい。このままでは終われない」と懇願していると聞くが、ここはもうはっきりと引導を渡すべきだろう。

 どう歴史をひもといても、ここまでブザマで情けない姿を晒(さら)した横綱はいない。今回の11月場所は初日から4連敗。しかも、ガチンコ負けだから、救い難いものがある。

 これは、11日制だった1931年春場所の宮城山以来87年ぶり2人目のことだ。さらに、1場所15日制がスタートした1949年夏場所以降では初めてのことというから、この時点で引退しなければおかしい。
大相撲九州場所3日目、稀勢の里(左)は北勝富士に突き落とされ3連敗となった=2018年11月13日、福岡国際センター
大相撲九州場所3日目、稀勢の里(左)は北勝富士に突き落とされ3連敗となった=2018年11月13日、福岡国際センター
 そうさせない「見えない力学」が働いているのは分かる。だが、それを理由としたら、横綱の権威と伝統、いや相撲そのものが崩壊してしまう。

 稀勢の里のこれまでの戦歴を見ると、生涯戦歴は800勝492敗90休(100場所)、幕内戦歴も714勝449敗90休(84場所)と、かなりのものを残している。しかも、この星取りがすべてガチンコなのだから、本人の努力、精進には頭が下がる。

 ところが、この稀勢の里の「ガチンコ道」に報いなかったのが、相撲協会とファンの「御都合主義」である。