稽古と本番は違う。本番がガチンコなら、相手は百も承知の得意技「左四つ」にさせない相撲を取るに決まっている。

 稀勢の里休場を受けて、いまだに「再起」を望む声が強い。それはたった一人の日本人横綱を失えば、今後はモンゴル勢の天下になってしまうという危惧があるからだ。日馬富士がいなくなっても、「モンゴル互助会」は今も機能している。もちろん、その頂点に君臨するのは大横綱となった白鵬だ。

 白鵬は、日本国籍取得の準備をしていると伝えられている。つまり、引退後は親方として相撲協会に残り、モンゴル勢の後押しで理事になる青写真を描いているという。現在の宮城野部屋の関取は全員、白鵬の「内弟子」なので、もはや宮城野部屋は「白鵬部屋だ」と相撲記者は言う。

 現在、モンゴル出身の親方は友綱親方(元関脇旭天鵬)、錦島親方(元関脇朝赤龍)、春日山親方(元前頭翔天狼)の3人である。ただし、現役力士は白鵬、鶴竜を含めて22人もいる。彼らはいずれ親方になる可能性が高いから、そのうち相撲協会はモンゴル出身親方が一大勢力になるだろう。

 白鵬は今場所、鶴竜とともに休場した。大記録を次々に塗り替えた後は、けがによる休場が多くなった。今年に至っては、今場所も含め年間6場所中2勤4休である。

 白鵬が2020年の東京五輪まで現役を続けたいと願っているのはよく知られている。その理由は、五輪の開会式で土俵入りを果たしたいからだという。

 現在、稀勢の里休場で「モンゴル脅威論」が急速に盛り上がっている。しかし、それを封じ込めるために、稀勢の里にさらに現役を続けさせるとしたら、それこそ、さらに悲劇を生むのは、既に書いてきた通りである。
2018年9月、引退断髪披露で最後の土俵入りに臨む元横綱日馬富士(中央)。右は露払いの横綱鶴竜、左は太刀持ちの横綱白鵬=東京・両国国技館
2018年9月、引退断髪披露で最後の土俵入りに臨む元横綱日馬富士(中央)。右は露払いの横綱鶴竜、左は太刀持ちの横綱白鵬=東京・両国国技館
 もし、日本人横綱がそれほど大事なら、なぜ、日本人力士同士でガチンコ対決を続けるのか。星を潰し合い、挙げ句の果てに休場者続出という場所を続けているのか。それでは、稀勢の里は見殺しではないか。

 現在の土俵には、日本独特の「秩序形成力学」が働かなくなった。注射とガチンコが混在して、「国技」という伝統文化をつくり上げてきたが、それが消えてしまった。

 相撲は興行ではなく、完全なスポーツになりつつある。むしろ、「伝統文化」を守っているのはモンゴル勢のほうである。このままでは相撲は、パーフェクトな格闘技として、力士の身体が壊れるまで本気で闘わせる、実に残酷極まりない競技になる。果たして、それでいいのだろうか。