2018年11月23日 15:12 公開

ステファニー・ソー BBCニュースビート記者

ネイティブ・アメリカン(米先住民)のヘッドドレス(頭にかぶる羽飾り)をかぶるヴィクトリアズ・シークレットの「エンジェル」と呼ばれるトップモデル、マーク・ジェイコブスのショーでドレッドヘアーにしたモデルのジジ・ハディッドさん、そしてシーク教徒風のターバンを巻いたグッチのモデル。

ファッション業界全体で、多くのトップ・デザイナーたちはこれまで、文化の盗用との非難に直面してきた。

仏ブランド、イザベル・マランは2015年、メキシコ先住民の伝統的な衣装を盗用したと非難された。その1年後、イタリアのブランド、グッチは白人モデルにシーク教徒風のターバンを巻いて登場させて反感を買い、2017年には米ファッション誌ヴォーグが、写真撮影でモデルのカーリー・クロスさんを芸者に見立てて批判を浴びた。

ヴォーグはわずか先月にも、文化の盗用として非難された。優れた若手デザイナーの育成を目指して2003年に開始した「ファッション・ファンド・アワード」に関するインスタグラムの投稿で、「アフロ」と呼ばれる髪型にしたモデルのケンダル・ジェンナーさんの写真を使ったのだ。

https://www.instagram.com/p/BpIM4JSlVWR/


そして今や仏高級ブランドのディオールが、米女優ジェニファー・ローレンスさんを起用した広告キャンペーンで、文化の盗用に関して騒動になった最新のブランドとなった。

ディオールの「2019クルーズ」の広告キャンペーンによるとコレクションは、力強く非常に高い技術を持ったメキシコの女性騎手「エスカラムサ」と、ある小説の登場人物であるチリ人を参考にしたとしている。

ソーシャルメディアの一部利用者は、メキシコの伝統を称賛する広告キャンペーンに白人の女優を起用したディオールの決定に疑問を投げかけた。同ブランドを非難する人もいた。

ディオールはインスタグラムでも、「2019クルーズ・コレクション」の広告キャンペーンを展開している。

https://www.instagram.com/p/BpXYqi5lQyt/


ある人はインスタグラムで、「自社の利益のために私たちの文化を搾取している」とディオールを非難。別の人は、「自分がヒントを得た文化の人を、なぜその代表として使わないのか」と疑問を呈した。

しかし、「不快なんかじゃない。文化を祝福しているんだ」、「敬意をもってやれば、他の文化の人もあなたの文化を共有していい」といったディオール擁護の声もあった。

ディオールはこの後、画像とキャプションを投稿。同ブランドが展開する雑誌の最新号に掲載する写真は、メキシコ人女性の写真家8人がメキシコで撮影したものだと説明した。

https://www.instagram.com/p/Bqab0zVBsGv/


英ブランドのトップショップなどと仕事をしてきたデザイナーのジェイン・ケロックさんは、デザイナーが文化を搾取しようと意図的にしているわけではないと考えている。

「デザインは、さまざまなスタイルや文化、アイデアをごちゃまぜにしたもので、だからこそ興味深いものになる」と説明する。

「デザイナーが他の文化を見て、『あれを真似して搾取してやろう』などとは思っていないと、私は本当に心の底から思う」

流行を予測する企業ユニーク・スタイル・プラットフォームの創立者でもあるケロックさんは、広告キャンペーンで起用するモデルについて「きちんと考慮されない」場合に、物事がおかしくなると話す。

「ヒントを得た元になった背景を、何らかの形で取り入れるのがいい場合もある。そして多くの場合それは、モデルの起用法だ」

しかしケロックさんは、時にはファッション業界が文化を盗用する時も確かにあると思うと話す。

今年2月にイタリアのミラノで開催されたミラノ・ファッション・ウィークで、グッチは2018-19年のショーでターバン風のかぶり物を身につけたモデルを登場させた。ケロックさんはこのグッチの決定を引き合いに出す。

「ファッション・ブランドは概して、多様性についてもっと気を配らないといけない。今は気を配っていないから。本当にしていないと思う。ブランドはむしろ、アイデアの元となったものよりも、多くの人から注目が集まると分かっている著名人を使いたがる」

英ロンドン・コレッジ・オブ・ファッションで文化および歴史学の講師を務めるセルカン・デリス博士は現在、ファッションと文化の盗用にまつわる議論について調査している。

デリス博士は、ファッション・デザイナーはしばしば文化の盗用で非難されるが、それは業界の動く速さが原因だと説明する。

「ほとんどの場合、残念なことに、デザイナーにはきちんと調査する時間や、文化を十分評価する時間さえない」

文化の盗用に関する話題が出てくると、こんな疑問が頻出する。「白人がデザインした服を着る有色人種はどうなの?」。

デザイナーのマーク・ジェイコブスさんは2016年、白人モデルをドレッドヘアーにした自分の判断を弁護したように見えるコメントを出した。

ドレッドヘアーへの反発に対し、同氏は公式アカウントで、「有色人種の女性が髪を直毛にするのを批判しないのはおもしろい」とコメントしたのだ。

デリス博士は、文化の盗用は「異なる文化の間に力の不均衡が存在する時」のみ起こるとしている。

「白人やその組織が、黒人や褐色の肌の人やその組織よりもずっと力があるという社会に私たちはいまだに生きている。なので、これは文化の盗用ではないのだ。というのも文化の盗用とは、力のある文化が力の弱い文化を利用することを意味するので」

ではデザイナーはどうすべき

「文化の盗用が果たしてなくなるかははっきり分からないが、声は上げ続ける必要はある」とケロックさんは話す。

「恐らく、ファッション・デザイナーたちもこうした批判にもっと気を配るようになってきているし、それは良いことだと思う」

デザイナーは、服のアイデアの元となった文化の人たちをその服の制作過程に必ず参加させるべきだと、デリス博士は考えている。

「それが唯一の解決法だ。言い方を変えれば、ファッション・ショーを開催するなら、その地域の先住民をショーあるいは制作過程に採用する必要があるということだ」

ニュースビートは、本記事に登場したファッション・ブランドにコメントを求めて連絡している。

(英語記事 Does fashion have a cultural appropriation problem?