2018年11月26日 12:21 公開

英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、EU加盟27カ国の首脳は25日、英国の離脱条件を承認した。EUは「最善で唯一可能な合意」だと強調している。

20カ月にわたる交渉の末、ブリュッセルで開かれた首脳会議に集まった27カ国の首脳は、1時間足らずの協議の末、ブレグジット(英国のEU離脱)とブレグジット後の英国との関係を定めた条件を正式承認した。2017年3月に始まった英国とEUのブレグジット交渉は、これで終結した。

EU首脳会議は、英国の離脱条件を具体的に示した約600ページにわたる法的拘束力のある文書に合意した。この中には、390億ポンドになる英国の「手切れ金」、北アイルランド国境の扱い、英国とEU市民の権利に関する取り決めなどが含まれる。EU首脳会議はさらに、ブレグジット後のEUと英国の通商や安全保障など、将来的な関係の形を示した政治宣言にも合意した。

この離脱合意は今後、英議会の承認を得る必要がある。EU側は、「秩序立った離脱」の道筋を定めたものだと呼んだ。

首脳会議後にブリュッセルで記者会見したテリーザ・メイ英首相は、離脱合意が「英国民の意向にみあうもの」だと評価し、英国は「豊かな未来に向かって進む」ことになると強調した。

メイ首相はさらに、英国内のEU離脱派と残留派の双方に今回の合意を支持してもらいたいと呼びかけ、英国民は「もうこれ以上ブレグジットの議論に時間を費やしたくないはずだ」と述べた。

英国は来年3月29日にEUを離脱する予定。

<関連記事>

ジャン=クロード・ユンケル欧州委員長は、EUとの合意を英議会が否決すればEUは再交渉に応じて、英国にとってより良い離脱条件を提示するだろうと英国で期待する人は、「がっかりする」はずだと述べ、離脱条件の再交渉はないと言明した。

一方の欧州理事会のドナルド・トゥスク議長(EU大統領)は、EU27カ国の首脳会議が離脱合意を正式承認したと、まずツイッターで報告。その上で、もし英議会が離脱合意を承認しなかった場合の展開については、「私は占い師ではない」のでどうなるか分からないと含みを持たせた。

https://twitter.com/eucopresident/status/1066625821161517056

英議会は12月12日に今回の離脱合意について議決する予定だが、その可否は不透明だ。野党の労働党、自由民主党、スコットランド国民党、民主統一党が反対する予定のほか、与党・保守党からも多くの議員が反対する見通し。

今回の離脱合意の実施を強く求めるメイ首相は記者会見で、英国にとって譲歩も含まれるが、「英国の明るい未来を解き放つ良い合意内容」だと強調した。メイ首相は記者会見でさらに、この離脱合意によって以下の状態が確保されると述べた。

  • EU域内の自由移動は「完全に決定的に」終わる
  • 英国の憲政上の一体性が守られる
  • 「民主的に選ばれた政治家がこの国の法律を作り、英国の裁判所がその履行を確保する」状態に戻る

英領ジブラルタルの扱いについて最後までスペインと交渉が続いたが、これについてもジブラルタルが「英国の家族」から引き離されることはないと説明した。

EU「悲しい日」

EU高官によると、首脳会議で異議を唱える加盟国はなく、合意案は瞬く間に承認された。7カ国の首脳が冒頭で発言したが、そのほとんどは「今日は悲しい日だ」とブレグジットを憂慮し、今後も緊密な対英関係を期待するという趣旨の内容だったという。

メイ首相の演説の後には、約半数の首脳が発言し、中には英議会での議決がうまく行くようにとねぎらう発言もあった。

英議会が離脱合意を否決した場合を想定した「もしも」の議論はなかったという。

ユンケル委員長も「今日は悲しい日」で、英国のEU離脱を前に「お祝いのシャンペンのグラスを掲げるべきではない」と述べた。さらに、英議会議員に投票の仕方を指示すべき立場に自分はないが、「これが可能な最善な合意内容(中略)合意内容はこれしかあり得ない」ことを議員たちは念頭におくべきだと強調した。

同じようにアイルランドのリオ・バラッカー首相は、「これ以外の合意など、一部の人の妄想の中にしかない」と、再交渉はあり得ないと釘を刺した。

一方で、リトアニアのダリア・グリボウスカイテ大統領は、もし英議会が離脱合意を否決した場合には、交渉期間の延長や2度目の国民投票実施など、複数の展開があり得ると示唆した。

今後の展開は

メイ首相は、英議会が離脱合意を採決するまでの2週間の間、支持固めのために国内を回る予定。

下院が合意を否決した場合は、合意なしのブレグジット、再交渉の模索、解散・総選挙などいくつかの展開が可能性としてある。

ジェレミー・ハント外相は25日のBBC番組で、下院での票読みは「厳しい」状況だと認め、もし否決された場合は内閣総辞職の可能性も含めて「何も除外できない」と述べた。

外相は番組「アンドリュー・マー・ショウ」で、離脱合意で英国は要求した「7~8割」を獲得したし、経済への悪影響もほとんどが「緩和」されると述べた。

今回の離脱合意は英議会のほか、欧州理事会で27カ国中20カ国の賛成を得る必要がある。さらに、来年初めに予定される欧州議会による批准を得て、初めて発効する。

英国内での反対

野党第一党・労働党のジェレミー・コービン党首は、合意内容を「最悪のもの」だと批判。党として反対するが、「合意なしブレグジット」にならないよう他党と協力し、「まともな合意」が得られるよう努力する用意があると述べた。

与党・保守党のイアン・ダンカン・スミス元党首は、現状のままでは離脱合意を支持するのは「きわめて難しい」とスカイテレビに話し、「現状ではこの離脱合意は、英国民が国民投票で求めた内容を実現していない」、「多くの決定権を(EUに)譲歩しすぎている」と批判した。

EU残留派のニコラ・スタージョン・スコットランド国民党党首は、「まずい合意」だと批判し、単一市場や関税同盟に恒久的に留まるための「より良い選択肢」を議会は模索すべきだと述べた。

EU離脱派でメイ内閣と閣外協力してきた民主統一党(北アイルランド)のアーリーン・フォスター党首は、現状の離脱合意では北アイルランドも英国全体も「自分たちを縛る規則に何の発言権もないままEUの枠内に留まることになる」と批判。もし議会が合意を承認するならば、保守党を議会多数党に押し上げていた閣外協力関係を見直すと述べた。

2度目の国民投票を支持するトニー・ブレア元党首は、今回の離脱合意は「死に体」だと批判した。

(英語記事 EU leaders agree UK's Brexit deal at Brussels summit