2018年11月28日 11:54 公開

クリミア半島が面するアゾフ海と黒海の航行をめぐり、ウクライナとロシアの関係が悪化している。ロシアは2014年にクリミア半島を併合した。

そのクリミア半島近海で25日、ロシア連邦保安局(FSB)がウクライナ海軍艦3隻を拿捕(だほ)した。ウクライナ議会は26日、戒厳令の発令を可決した。

なぜ事態がここまで悪化したのか。BBCのジョナサン・マーカス外交担当編集委員が解説する。