川上和久(国際医療福祉大学教授)

 まずはクイズから。

 次に挙げる9人の国会議員、元国会議員の共通点をあげなさい。
 中川郁子、門博文、宮崎謙介、金子恵美、今村雅弘、福井照、鶴保庸介、桜田義孝、片山さつき

 
 いずれも自民党の国会議員、元国会議員だが、彼らは不倫疑惑や女性スキャンダル、失言、政治資金疑惑などで週刊誌を賑(にぎ)わせた政治家だ。それだけではない。9人の政治家は「なぜか」という言葉を冠するのが適切かどうか分からないが、いずれも「二階派(志帥会)」のメンバーなのである。

 もちろん、自民党の他の派閥でスキャンダルや失言を週刊誌に書き立てられた国会議員、元国会議員もいる。すぐに思いつくだけでも、豊田真由子氏、稲田朋美氏、今井絵理子氏など数人は挙がる。野党でも、山尾志桜里氏を筆頭に、青山雅幸氏や初鹿明博氏など、不倫やセクハラなどで週刊誌に書かれた国会議員が何人もいる。

 しかし、二階派の「スキャンダル発生率」は、それと比較しても群を抜いていると言っていいだろう。それは偶然なのか、あるいは必然なのか。
 
 中川郁子氏は衆院議員時代、同僚議員で既婚者である門博文氏と東京・六本木の路上でキスをしている写真を、2015年3月に『週刊新潮』で報じられた。折悪く「路チュー」を撮影されたのは、同じ二階派の西川公也農水相が、自身の政党支部が国の補助金を受けた企業などから献金を受けていた問題で辞任したその日だった。結局、2017年の衆院選で中川氏は落選した。

 宮崎謙介氏は衆院議員時代、ともに衆院議員であった妻の金子恵美氏が出産のため入院している中、女性タレントを自宅に呼んで宿泊し、不倫していたことを2016年2月に『週刊文春』にスッパ抜かれ、議員辞職した。金子氏は2017年の衆院選で落選している。

 今村雅弘氏は、2005年郵政選挙の「造反組」であり、いったん自民党から離れていた。復党後は谷垣グループに所属した時期もあったが2015年11月、二階派に入会。翌16年8月の第3次安倍第2次改造内閣で、復興相として当選7回で初入閣した。ところが17年4月、二階派のパーティーで東日本大震災に言及し「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になった」などと失言、この翌日に閣僚辞任に追い込まれた。
2018年11月、新型インフルエンザ政府対策本部会合に臨む(手前から)片山さつき地方創生相、桜田義孝五輪相(春名中撮影)
2018年11月、新型インフルエンザ政府対策本部会合に臨む(手前から)片山さつき地方創生相、桜田義孝五輪相(春名中撮影)
 福井照氏は、16年9月に岸田派から二階派にくら替え。18年2月に当時の沖縄・北方相だった江崎鉄磨氏が脳梗塞を発症して辞任したため、当選7回で後任大臣の座を射止めた。ところが就任後わずか1週間で、週刊文春と週刊新潮にそろって元赤坂芸者の告発や、地元選挙区での女性スキャンダルが「待ってました」とばかりに報じられた。

 鶴保庸介氏は、1998年7月の参院選和歌山選挙区で初当選。以来、二階氏の側近となり、2016年8月に沖縄・北方相で初入閣した。一時は野田聖子氏と事実婚関係にあったが、大臣になってすぐに元妻からの告発が『週刊ポスト』に報じられた。