阿部潔(関西学院大学社会学部教授)

 2018年夏以降、首都圏を走るJR在来線・新幹線のすべての車両に防犯カメラが導入されつつある。

 近年、電車内や駅構内でのトラブルはあとを絶たない。痴漢事件は頻発し、さらに新幹線車両内で殺人事件まで発生した。こうした動静をふまえれば、互いに見ず知らずの人々が集い、何が起こるか分からない物騒な電車内に防犯カメラを導入することは、鉄道会社が果たすべき当然必要な措置だと受け止められることだろう。通勤・通学のために日々電車を利用する乗客の多くは、車内での自らの安全・快適が約束されることを期待してカメラ設置を歓迎しているように見受けられる。

 だが同時に、JRが公表したカメラ設置方針に対して疑問や違和感を投げかける意見もネット上には見て取れる。そこでは「プライバシーが侵害されるのではないか」とか「カメラ設置で痴漢はなくなるのか」とのもっともな疑問が提起される。

 たしかに、防犯カメラを導入することで犯罪が劇的に減少し、電車内が誰にとっても安全・安心な空間になるのであれば、それに越したことはない。だが、既にこれまでカメラはさまざまな場所に設置されてきたが、それで万事が解決したとはいいにくい。例えば、現在ではすべてのコンビニに防犯カメラがあるが、それで深刻な万引被害が撲滅されたわけではないだろう。

 現在進められつつある電車内への防犯カメラの設置にはどのような意図があり、またどのような課題が潜んでいるのか。以下で考えてみよう。

 街中や商業施設にカメラが導入される際、それは多くの場合「防犯カメラ」と呼ばれる。なぜならそれは、文字通り犯罪や事件などが起こることを未然に防ぐ=防犯することを期待されているからだ。だからこそ、治安悪化や凶悪事件の頻発を危惧する世論は、そうした事態を回避し解決するための有効な手段として防犯カメラ設置を支持するのであろう。

 だが、最近テレビニュースなどで報道されるカメラの効用は、それとはどこか異なる。なぜならば、犯罪事件の捜査・解決との関連でカメラの威力が伝えられるとき、そこでは、映像として残された事件現場の様子や容疑者の姿を手掛かりに事件解決=容疑者逮捕へと至ったことが喧伝されているからだ。
JR山手線の車両内に設置された防犯カメラ=2018年5月、東京都品川区(共同)
JR山手線の車両内に設置された防犯カメラ=2018年5月、東京都品川区(共同)
 もちろん、容疑者が特定・逮捕されること自体は善良なる市民にとって喜ばしいことだろう。だが、ここで見落としてならないのは、最近のマスメディアによる防犯カメラの称讃(しょうさん)は必ずしも防犯効果の検証と結びついていない点である。

 メディアと世論が褒めたたえるのは、あくまで犯罪捜査と容疑者摘発におけるカメラの活躍であり、その意味で肯定されているのは防犯というよりは監視としてのカメラの効用である。容疑者摘発に意味はあるとしても、ここで称讃されているのは防犯カメラがそもそも目指した犯罪の未然防止とは別次元の事柄である。