拒食という「食べないこと」と、過食という「食べる」という行為は一見相反する行動のように思えるが、「食行動の異常」という観点からみれば、表裏一体のものである。

 言うまでもなく、過食は大量の食べ物を摂取する行為だが、そのためには、当然多くの食料が必要になる。例えば、コンビニで買い物カゴいっぱいの食料を買い込み、それを一度に食べ、そして一気に吐く。これを毎日もしくは高頻度で繰り返す事例はまれではない。

 そうすると、生活費における食費の割合が異常に高くなり、社会人であれば、ひと月の給料を簡単に使い果たしてしまう。大事な貯金に手をつけたり、多額の借金に及ぶ場合もある。そして、それもできなくなると、「窃盗してでも食べ物を手に入れたい」となってしまう場合があるのである。

 では、なぜ食べて吐くを繰り返すのか。その理由の一つは、過食や嘔吐に夢中になっている時間は、本人が抱える全てのストレスを感じることから逃れられるからだ。原被告も、減量や体形維持の負担、競技者としてのプレッシャー、その他私生活におけるさまざまな精神的重圧から、その時間だけは逃れられていたのであろう。

 ストレスフルな厳しい状態に置かれていればいるほど、行為が習慣化し、本人の中でゆがんだストレス対処の方法として定着する。さらにいえば、初めは過食のためにしていた窃盗も、いつしか窃盗という行為自体にも、過食と同じようなある種のすっきり感やストレスから逃れられた感覚が伴うようになり、病理に発展していくのだ。

 以上のような経過は、臨床的に決して珍しいことではない。アスリートでなくても、「痩せたい」という日常的に経験される自然な感情に基づいてダイエットを始めることはある。しかし、完璧主義など元々の性格も相まって、いつしか過度な拒食習慣になり、過食や嘔吐を伴う可能性も生じる。さらに、窃盗症だけではなく、鬱病や不安症など他の疾患を合併するまでに至ることがあるのだ。つまり、摂食障害のきっかけは、ほとんど全てが本人や周囲が重大な結果を予測し得ない「ありふれた行動」なのである。

トレーニングする選手時代の
原裕美子被告=2014年1月(寺河内美奈撮影)
 その意味で、率直に言えば、トップアスリートを監督や指導を行う立場にある人たちの一部は、心理や行動を強制に近い形でコントロールすることの負の影響を軽視し過ぎている。

 私が心理カウンセリングや認知行動療法の臨床現場で出会ってきた中では、新体操や陸上、フィギュアスケート、水泳選手から、バレリーナ、ボクサー、柔道家まで、幅広いジャンルで摂食障害を抱えたアスリートが少なくない。

 また、外見や体重が仕事に影響するという共通点からいえば、モデルやアイドルの中にも監督的立場にある人から体形・体重コントロールを指示されている人たちが、一定数確実に存在する。テレビを見たり、メディアの仕事で出会うたびに、外見や言動から「この方は大丈夫だろうか?」と気になってしまうのは、もはや私の職業病である。