それらの人たちに共通していえることは、指導者や監督者が最適なパフォーマンスを引き出すことを意図して行っている食事指導、ウエートコントロールが、深刻な心理的負荷に確実に繋がっていることである。

 アスリートの自己決断に基づかない指導者の指示による食行動のコントロールは、失敗が許されない。なぜなら、任意に設定された通りの身体作りができないことは、競技上の目標に達することができないと信じられているからだ。つまり、アスリートとしての存在価値にも関わってくる。

 一般の会社員に置き換えれば、「1カ月後に目標体重まで減量できなければ、クビになります」と言っているのと同義である。

 「トップアスリートだから、それぐらい厳しいのは当たり前」という言葉で片付けてはいけない。食事をとるという行為は、人間の根源的な欲求の一つであり、過度なコントロールをかけることは避けるべきなのである。ましてや、それが仕事上の価値や存在そのものの評価に直結するという環境設定は、行うべきではない。

 摂食障害の患者たちは、もはや「自分の人間としての価値は体重や体形に依存している」という症状(思い込み)にとらわれ、そこから抜け出せなくなっている。つまり、過度に体重や食事をコントロールすることは、摂食障害の精神症状をも生み出すことになっているといっても過言ではないのだ。

 確かに、陸上競技、特に長距離種目において、身体を絞って体重を軽くすることは即効性があり、好記録に繋がることは否定できない。中学生や高校生のレースを見ても、体脂肪率が低く、引き締まった身体の生徒が上位層を占めていることが多い。一方、下位層では幾分脂肪のついた、とはいえ発育期として自然な体つきをしているという光景が見受けられる。

マラソンコースを試走する
選手時代の原裕美子被告=2010年12月(鳥越瑞絵撮影)
 しかし、これは後に起こる身体・精神的なリスクを考慮しているとはいえない。特に女性は、食事をコントロールし過ぎることによって栄養不足になり、月経が止まったり、女性ホルモンであるエストロゲンが生成されにくくなることで骨粗鬆(こつそしょう)症に近い状態になり、骨折を繰り返すこともあり、いずれ競技どころではなくなることもある。

 それは一時的なものではなく、中高生であれば発育期にも重なっていることから、本当の意味で競技に必要な身体作りをすることができずに、選手寿命が結果として短くなるという例も少なくない。原被告も、特に競技人生後半は、疲労骨折などのケガに悩まされ続けたという。

 重要なのは「スポーツ競技に命をかける」ということなど、あってはならないということだ。スポーツはあくまでも人生の一部であり、人生の全てではない。もちろん、競技者本人の心理としては自身の全てをかけて競技に臨むというのは自然な発想である。しかし、そのあり方を多面的に見て、選手本人のあるべき姿や利益に方向づけていくのが、指導者の役割である。