殊に、摂食障害は命にも関わる疾患である。前提として、慢性的な飢餓状態が持続すると、脳が萎縮し、疲労感や満腹感、空腹感などの感覚がまひしてしまうなど、通常の精神状態ではなくなり、病気によって生じた考え方、物の見方、行動の仕方が、あたかも自分自身の元々の性格や生き方であるかのように感じられることもある。

 そして、病状が悪化すると、多臓器不全などの重篤な身体合併症や、餓死、自殺に至りうる。とはいえ、薬物治療や認知行動療法などの非薬物治療を通院、入院を適宜組み合わせて適用することにより、回復することは十分可能である。

 しかしながら、痩せても痩せても「まだ痩せたい」と考えてしまう「拒食の心理」は、本人の中で病識(自分が病気であるという感覚)に結びつきづらい。そのため、医療機関などの専門的治療期間に繋がらない場合も多く、本人にとって、発症してからでは失われるものはあまりにも大きい。

 改めて、即効性のある指導法や練習法に固執することについて、再考する時期にきているのではないだろうか。アスリートは誰しも、最初は自分が好きで始めた競技を、できれば可能な限り長く続けたいという欲求を持っている。

 単に目先の利益だけではなく、スポーツを人生の一部として捉え、セカンドキャリアも見据えつつも、選手寿命を保つことを前提とした指導観が全ての指導者や監督者に求められるだろう。

 とはいえ、「成績を追求することが結果的にはその後の競技人生を延ばす」という見方もあるだろう。しかし、マラソン競技においても、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんは、20代前後までは無理なく身体の成熟を図ってきたという。

女子マラソンで世界選手権に
2度出場した原裕美子被告。
2007年の世界陸上大阪大会は18位に終わった
 高橋さんの大学時代の体格指数(BMI)は10台前半であったとされており、多くの一流長距離ランナーの多くが5以下の値であることを考えれば、大きな乖離(かいり)がある。しかし、彼女は20代中盤で世界に通用するランナーまで成長し、20代後半で世界の頂点に立った。

 結果的に、金メダルを取ることができたのは、成長過程の10代から20歳ごろまでに心や身体の土台作りを達成でき、選手としての寿命が延びたことが一因なのではないだろうか。

 一方、原被告は高校時代から厳しい減量の日々だったようだ。そもそも、10代や20代の早い段階で選手としてのピークを迎えさせ、世界に通用する成績を残そうとすること自体が、最終的に最高の成績を残すという目標を前提にすると確からしくないともいえる。日本で近年、世界最上位クラスに値する成績を残した女子ランナーがほとんど出ていないことが、その裏付けかもしれない。