小西寛子(声優、シンガーソングライター)

 「あなたがさぁ! やるって言わないと! 仕事できなくなっちゃうよ!」

 18年前、東京都新宿区にある録音スタジオで、アニメ制作会社社長に突然呼び出され、こう告げられた。
 
 NHK教育テレビ(Eテレ)で放送中のアニメ『おじゃる丸』は、1998年にスタートし、現在もEテレの人気番組としてシリーズが続いている長寿番組である。ただ、2006年9月には原作者、犬丸りんさんが「仕事ができない」などと遺書を残し、自宅マンションから飛び降りて自死する不幸もあった。かくいう筆者も主人公、坂の上おじゃる丸の声を98年から00年の第3シリーズまで担当したが、冒頭のやりとりの後に降板を言い渡された。その理由は、信じられないほどくだらない、アンプロフェッショナルな事情だった。

 事の発端は、NHK関連会社社員のA氏が持ってきた紙袋の中身だった。たまたま東京・渋谷の音楽スタジオで作業していた筆者の事務所担当者のもとへ、A氏がビデオテープを持参してきたのである。紙袋の上には、人形が一つ載せてあった。それは、声を発する「おじゃる丸」の人形だった。

 「この仕事した?」と事務所からも尋ねられたが、筆者は人形の声の吹き込みなどやった覚えはない。いまいち事情が分からなかったこともあり、後日NHKエンタープライズに確認しようということになった。

 事務所担当者が人形を持参し、「これは何なのでしょうか?」と直接尋ねたところ、当時の番組担当プロデューサー(現NHKエンタープライズ著作権管理担当執行役員)から「あなた何? これが何だっていうの?」「あなたたちには関係ない!」といきなり怒声を浴びせられ、面食らった。「(事情が)分からないから、こうやって質問しているんです」と事務所担当者が再び説明を求めると、「黙って言う通りにしないと仕事できなくなるわよ!」「降ろしてやる!」「干してやる!」…。さっぱり事情は分からないが、彼女にとっての何か触れてはならないものに触れてしまったようである。

 そんなやりとりがあったことを事務所からも報告を受けたが、一体どういうことなのか訳が分からないまま、私はいつも通り大久保にあるスタジオへ仕事に向かった。スタジオに入ると、アニメ制作会社の社長がなぜか険しい顔でロビーに立っていたのを覚えている。
※画像は本文と関係ありません(GettyImages)
※画像は本文と関係ありません(GettyImages)
 「ちょっといいかい?」と手招きされ、ロビーの片隅のベンチに通路を背にして腰を掛けた。そして、社長が横に座るや否や、冒頭の「あなたがさぁ! やるって言わないと! 仕事できなくなっちゃうよ!」と罵倒を浴びせられたのである。何が起こっているのかその時はよくわからなかったが、尋常ではない社長の形相に恐れ戦(おのの)き、筆者が「すみません。事務所に聞いてください」とだけ答えると、「ああ、知らないよ。本当に」と社長は吐き捨てて立ち去った。

 むろん、そのときは『おじゃる丸』を降板させられることになるとは、想像だにしていなかった。