東京オリンピックの開催まで800日を切った今、開会式のチケットの販売予定最高額が約29万円と報じられ、浅草・雷門、皇居、銀座と東京の名所をめぐるマラソンコースが発表されるなど、来るオリンピックへの期待に日本中が沸いている。

 さらに今年11月には2025年万博の大阪誘致の結果も発表予定。高度経済成長期のまっただなか、日本中が東京オリンピックに熱狂し、大阪万博に高揚した。万博誘致が成功すれば、“あの頃”の熱気が帰ってくる。

 その時私たちは、この2大国民的イベントをどう楽しめばよいのだろうか。女性セブンは、「オリンピック」と「万博」を日本中の誰よりも愛してやまず、半世紀以上見守ってきた“オリンピックおじさん”と“万博おばさん”の2人を緊急招集。その魅力を心ゆくまで語ってもらった。

■オリンピックおじさん=山田直稔さん(92才)
 富山県に生まれ、大学入学とともに上京。1960年に会社を設立。ホテルや不動産などさまざまな事業を手広く扱う。これまでの夏季オリンピックに14大会連続で応援に駆けつけている。なお、冬季は長野オリンピック以外は不参加。大相撲や高校野球でも精力的に、現場で声援を送っている。

■万博おばさん=山田外美代さん(69才)
 石川県に生まれ、5才で愛知県瀬戸市へ。愛知万博に皆勤したことをきっかけに万博の素晴らしさに目覚め、以来通うように。その功績が認められ、2017年のカザフスタン・アスタナ万博では大使を務め、現在は2025年の大阪万博誘致に向けて奔走中。

万博おばさんこと山田外美代さん(以下、外美代):今日はどうしてもお会いしたくって新幹線で名古屋から飛んでまいりました。同じような志を持ったかたがいた!と。

オリンピックおじさんこと山田直稔さん(以下、直稔):ワッハッハ! そりゃあうれしいなあ。色紙にサインを書いてやるよ。(集中して書くあまり、しばらく無言になる)

外美代:あら、うれしい。ありがとうございます! って、聞こえてます?(苦笑)
万博おばさんこと山田外美代さんと、オリンピックおじさんこと山田直稔さん(撮影/田中智久)
万博おばさんこと山田外美代さんと、オリンピックおじさんこと山田直稔さん(撮影/田中智久)
〈山田直稔さんは、夏季オリンピックになると金のシルクハットに羽織袴で世界各国に現れては、“自称・応援団長“として全力で応援する五輪の名物的存在。一方の山田外美代さんは、2005年の愛知万博で185日間にわたる開催期間に全日来場。以来、各国の万博に顔を出し、上海万博にも全日参加して当時首相だった温家宝氏から感謝状までもらった強者だ。2人のライフワークともいえるオリンピックと万博。それぞれの“初体験”はいつだったのだろうか。〉

直稔:おれは1964年の東京オリンピック。開会式から閉会式まで全部見たけれど応援はせず、一観客として行っただけ。当時は今以上に開催前から街中がオリンピック一色。キャバレーですら「東京五輪キャンペーン」をやっていて、楽しかったなぁ(笑い)。

外美代:女の子とオリンピックの話で盛り上がったんですか(笑い)? 私はそのときまだ中学生だったんですが、先生から「オリンピックは学校を休んででも見ろ」と言われて、テレビに釘付けになって見てました。当時は外国の人については、本で読むくらいしか情報がなかった。先生は、この機会にリアルな外国の人を自分の目で見なさい、という気持ちだったのでしょう。中でも、裸足のランナー・アベベは衝撃的でした。

直稔:確かにあの走りはすごかったな。それであなた、初めて行った万博は?

外美代:1970年の大阪万博に、当時の会社の同僚とバスツアーで行ったのが最初です。団長は「太陽の塔」ってご存じですか?

直稔:岡本太郎の作品ね。