「時間を無駄にしたくない、ということが第一にあった」。神戸で何らかの動きがあるたび、この言葉が脳裏に去来する。

 今年9月、神戸は吉田孝行監督を解任し、新監督にスペイン人のフアンマヌエル・リージョ氏の就任を発表した。上記のコメントは、その記者会見で、三木谷浩史会長(楽天会長兼社長)が監督交代の理由について語ったものである。

 神戸は5月のイニエスタ加入から、わずか半年で次々と改革を打ち出してきた。

 リージョ氏は、バルセロナの選手であり、指揮も執ったジョゼップ・グアルディオラ監督が師と仰ぐ人物であり、バルサ哲学を注入するには最適の指揮官だ。選手についても、シーズン途中にもかかわらず、足りないポジションを次々と補強した。

 J2FC岐阜からウイングの古橋亨梧(きょうご)、J2徳島ヴォルティスからセンターバックの大崎玲央、さらに左利きのカタール代表DFアフメド・ヤセルをJリーグ提携国枠で獲得。さらに来季はビジャ。おそらく、アドリアーノ。もしかすると、ロッベンも。

 神戸の触手は、トップの選手と監督にとどまらず、コーチ陣にもバルサの流れをくむスタッフを集め、6月にはイニエスタを育てた育成手腕で知られる、アルベルト・ベナイジェス氏を招聘(しょうへい)した。もう、本気も本気。驚くべきスピードである。

 札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、J1第25節の神戸戦に3-1で勝利した後、イニエスタやポドルスキを擁する神戸について、記者会見で次のように語った。

 「サッカーは個人競技ではありません。コレクティブ(組織的)な戦いです。ビッグネームがいると、チームが機能しないというのは、サッカーの世界ではよくある話です」
2018年12月1日、仙台戦の前半、攻め上がる神戸MFイニエスタ=ノエビアスタジアム神戸
2018年12月1日、仙台戦の前半、攻め上がる神戸MFイニエスタ=ノエビアスタジアム神戸
 確かに、2、3人のビッグネームを獲っただけで優勝できるほど、Jリーグは甘くない。だが、神戸は名選手にとどまらず、監督やコーチ、育成ディレクターまで手を広げ、招聘している。チームではなく、クラブごとバルサ化を目指す神戸の改革は、トップダウン・コレクティブだ。事態はペトロヴィッチ監督の予想以上の角度で進んでいる。