もちろん、所詮(しょせん)コピーはコピー。元祖にはなれないのも然(しか)り。だが、今の神戸の方向性で、成果を挙げた例が一つある。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティだ。

 グアルディオラ監督だけでなく、テクニカルディレクターにはバルセロナの元選手で、クラブの要職も務めたチキ・ベギリスタイン氏を2012年から招聘した。投資を惜しまず、今の地位まで駆け上がった同クラブは、バルサ式トップダウン改革の先輩だ。

 神戸はバルセロナになれるか。というより、マンチェスター・シティと同じ道を歩めるか。

 その鍵がまさにスピードである。神戸は世間を騒がせる大改革を、5月のイニエスタ加入から、わずか半年で次々と繰り出してきた。

 「時間を無駄にしたくない」。トップダウンはスピードが命。バルサ化を目指すと言っても、神戸には根付くものがない。悠長なことを言っていれば、改革のエネルギーは沈下するばかりだ。

2018年7月、柏に勝利し、
神戸・イニエスタ(手前)を迎える
楽天の三木谷浩史会長兼社長=ノエビアスタジアム神戸
 「投資して終わり」ではなく、「投資し続ける」こと。トップダウンで刺激を与え続ける。そして、それが軌道に乗れば、育成の方でも受け皿を作っている。トップチームを見て、「神戸のサッカーをやりたい」という有力な選手が、神戸のユースなどにも集まってくるようになれば「ミッション・コンプリート」だ。

 イニエスタとは3年半の契約を結んでいる。ここが一つの分岐点。それまでにトップチームを軌道に乗せられるか。

 「時間を無駄にしたくない」。バルサ化に絡む神戸の動きの中で、この三木谷会長の一言が、一番印象に残っている。