原口泉(歴史学者、志學館大教授)

 「征韓論」とは文字通り読めば「韓国を征伐する」であり、武力で朝鮮を支配しようとする主張のことである。この論を唱えた主役は、西郷隆盛とされている。そしてこの征韓論で引き起こされた一連の政治騒動を「征韓論政変(または明治6年の政変)」と呼ぶ。

 この政変は、辞書や教科書では「明治初期、内政優先派に敗れた西郷ら多くの征韓派が下野した一大政変で、これを発端に不平士族の反乱や自由民権運動が起こった」といった書き方がされている。

 しかし一方で、このころの文献、史料のどこにも、西郷がこれほどはっきり「征韓」を唱えたという記録はない、と指摘する研究者が少なくない。では、西郷の考える「征韓論」とはどのようなものだったのだろうか。

 当時の朝鮮は鎖国政策をとっていた。それまで日本とは江戸時代から国交があり、両国の交渉は、すべて対馬藩を介して行われた。徳川将軍の代替わりごとに朝鮮国王の国書を持った通信使が派遣され、江戸時代を通じてその回数は12回にも及んでいる。

 ところが、江戸幕府はアメリカやロシアなどの欧米列強諸国と通商条約を結んでしまった。鎖国政策をとっている朝鮮としては「夷狄(いてき)」(欧米列強のこと)と付き合うような日本と交際するわけにはいかないと国交を断絶してしまったのである。

 明治政府が次第に形づくられる中、日本の統治者が将軍から天皇に代わったことで、日朝関係を正常化させようという動きが起こった。初めは、日本の王政復古を通知する外交文書を朝鮮政府が受け取りを拒否するという行為に端を発した。
雲揚号兵士朝鮮江華戦之図(木版画 想像図)
雲揚号兵士朝鮮江華戦之図(木版画 想像図)
 日本が幾度となく派遣した使節も甲斐なく、朝鮮側は国交断絶の強い姿勢を見せた。明治政府の国書には「皇上」や「奉勅」という言葉があり、朝鮮側にとって、そのような言葉を使うのは宗主国である清国の皇帝だけだという認識があった。

 明治3(1870)年4月、外交官の佐田白茅(はくぼう)が森山茂とともに、朝鮮に使節として釜山の草梁倭館に派遣されたが、朝鮮側の態度に憤慨し、佐田は帰国後激しい征韓論を唱え始めた。

 この佐田の征韓論に当初賛成したのが、後に大反対の姿勢をとった木戸孝允であった。佐田の熱心な遊説は次第に他の多くの政府高官たちを洗脳していき、征韓論は明治政府内で非常に熱を帯びたものとなった。

 閣議では、板垣退助が「朝鮮即時出兵」を主張したのに対し、西郷は軍隊を使わず、しかるべき位の大官が正装で赴き、礼を尽くした交渉をすべきであると反論した。そしてその朝鮮への全権大使を自分に任命してもらいたいと主張した。

 日本政府の筆頭参議・陸軍大将という重責を担う自分が、非武装のほとんど裸同然で「烏帽子直垂(えぼしひたたれ)」に身を正し、単身で乗りこめば、朝鮮も話を聞いてくれるだろうという自信があったのだ。戦争は最悪の場合であり、そこに至らせないための外交交渉を西郷は考えていた。