2018年12月18日 12:07 公開

英最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は17日夜(日本時間18日未明)、テリーザ・メイ首相に対する不信任決議案を下院に提出した。メイ首相が欧州連合(EU)離脱協定をめぐる下院採決を1月14日の週まで延期すると発表したことに反発したもの。

ブレグジット(イギリスのEU離脱)協定の採決は11日に行われる予定だったが、否決の見通しとなり、メイ首相はこれを延期していた。

コービン党首は17日の議会で、採決を1カ月待つことは受け入れられず、首相は英国を「国家の危機」に陥れたと批判した。

一方、首相官邸はBBCの取材に対し、政府は不信任投票のための時間を作らない方針だと話している。内閣は「くだらない政治ゲームには付き合わない」方針だという。

<関連記事>

コービン党首は、離脱協定について「ただちに下院に有意義な投票をさせなかったのは過ちだ。このため、我々は首相を信任しない」という宣言を求め、議員に呼びかけた。

この不信任案はメイ首相個人に対するもので、内閣全体に対してではない。

BBCのローラ・クンスバーグ政治編集長によると、不信任案提出はメイ氏にとって恥ずかしい事態ではあるものの、現状では内閣は審議時間を与えない見通し。

クンスバーグ編集長は、首相官邸は現在、「労働党が内閣全体への不信任案を提出するだけの度胸があるか、ボールを打ち返して様子を見ている」ところだと説明した。

内閣不信任案の場合、可決されれば解散総選挙となる可能性がある。

スコットランド国民党(SNP)、自由民主党、ウェールズの政党プライド・カムリ、緑の党といった野党勢力は、これを目指してコービン氏の動議を修正しようとしている。

しかしコービン氏は、今回の首相不信任案は、離脱協定採決を今週中に実現させるための圧力だと話している。

メイ氏の離脱協定は、2019年3月29日のブレグジットの条件を記したもので、イギリスとEUの将来の関係を示す政治宣言も含まれている。

英政府とEUはすでにこの協定に合意しているが、施行されるにはイギリス議会の承認が必要。

1カ月が「無駄になる」

メイ首相は17日、下院採決は1月14日の週に行う予定だと説明した。

コービン党首はこれに対し、当初の採決予定だった11日から1カ月が無駄になると反論。これまでも「一言も再交渉されていないし、何一つ確証も得られていない」と指摘した。

「離脱協定は変更されていないし、これからも変更されないだろう」

「下院はすぐに採決を行い、現実的な代替案を考える段階に移るべきだ」

一方で、コービン氏は不信任案の対象を首相に限定したことで、他の野党勢力から批判を浴びている。

SNPのニコラ・スタージョン党首はツイッターに、「内閣全体ではなく首相だけに不信任案を出した労働党に聞きたい。どの保守党議員が首相なら良いのか?」と投稿した。

また2017年6月の総選挙以降、メイ首相と閣外協力してきた北アイルランドの民主統一党(DUP)のナイジェル・ドッズ副党首は「我々は労働党の議会工作やお芝居に興味はない」と話した。

これに対しコービン氏は17日、「我々は(ブレグジットをめぐる)手続き開始に失敗したわけではない。この手続きへの投票権を議会に認めないのは政府だ。だから不信任案を提出した」と説明した。

保守党のEU離脱派は先週、メイ首相に対し党首としての不信任案を提出したものの、否決された。メイ首相は今回、野党からの不信任案については、EU離脱派の支持を得ている様子だ。

離脱派の1人、スティーヴ・ベイカー下院議員(保守党)は「欧州懐疑派の保守党議員は、メイ氏を首相として信任するという党の民主的判断を明確に受け入れている。労働党の提出するいかなる不信任案にも反対する」と話した。

このほか、ブレグジットをめぐる動きは以下の通り――。

  • SNPのイアン・ブラックフォード英議会院内総務は、議会が「状況を制御し、解説策を見つける」必要があるとして、18日にブレグジットに関する緊急討議を行うことを認めた。
  • メイ首相は、ブレグジットをめぐる動きが議会でこう着していることについて、デイヴィッド・キャメロン前首相に助言を求めたという報道を否定した。
  • 60人以上の与野党議員が首相に対し、合意なしブレグジットの可能性を除外するよう求める書簡を提出。合意なしでのEU離脱は製造業に「不必要な経済的打撃」を与えるとしている。
  • アイルランドのサイモン・コヴニー外相は、イギリスが「完全に新しい」離脱協定案を出してきた場合、ブレグジット自体が遅れる可能性があると指摘した

メイ首相は議会で、先週に中止した離脱協定をめぐる議論を1月7日の週に再開し、翌週に「意味ある」投票を行うことになると発表した。

「イギリスがEUを離脱するまで14週強となった今、多くの議員がすぐに結論を出すべきだと懸念しているだろう」

メイ首相は、先週行われたEU首脳会議で英・北アイルランドとアイルランド間の国境管理を避ける保証をあらためて得てきたと話し、向こう数週間でさらなる「政治的・法的確証」を確保すると説明した。

しかしEUの報道官は17日、EUはすでに北アイルランド国境をめぐるバックストップ(防御策)について求められていた「明示」を提供しており、「これ以上の会議は予定されていない」と述べている。

<関連記事>

<分析>議会でのごまかし ――ローラ・クンスバーグ、BBC政治編集長

展開に付いてきてる? 何もかも手続き上のナンセンスだと思うのも、無理もないし、実際その通りかもしれない。

しかし、与野党に広がる不満にも関わらず、コービン党首は今のところ、メイ政権打倒のための本格的な一撃を下すまでには至らなかったようだ。少なくとも、確実に勝てると思えるようになるまでは。

一方のメイ首相も、強制されない限りは自らまとめた離脱協定を放り出したりしないだろう。

両首脳の支持者も反対派も大いにいら立っている。そしてブレグジット期日は迫っている。それにも関わらず、与党と最大野党の党首両名は、行き詰まりを打破するかもしれない過激な手段を使う気はないようだ。

(英語記事 Labour makes no-confidence move against PM