長谷川仁美(ライター)

 21日に開幕した全日本フィギュアスケート選手権。日本のトップスケーターが集結するが、その中でも大きな注目を集めているのが、女子シングルの紀平梨花(きひら・りか)だ。

 今季、ジュニアから上がったばかりの16歳だが、シニアのデビューシーズンにグランプリ(GP)シリーズ2戦(NHK杯とフランス国際)とGPファイナルで優勝したのは、日本人選手としては初めてのことだ。そんな紀平の強さはどこにあるのだろうか。

 技術面でよく知られているのは、トリプルアクセルを跳べることだ。3回転半回るこのジャンプは、女子選手では、世界でも9人しか公式戦で跳んでいない。彼女はその7人目になる。

 初めて公式戦で成功させたのは、2016年9月のジュニアGPリュブリャナ(スロベニア)大会でのことだった。それほど難しいジャンプのため、ジャンプの難易度に従って定められている「基礎点」が高いうえ、紀平は、ショートプログラム(SP)で一つ、フリーでは二つのトリプルアクセルを入れる構成にしていることが、彼女が高得点を出す一つの要因だ。

 さらに、トリプルアクセルを含めた紀平のジャンプは、いずれも踏み切りのエッジが正確で、着氷時にも回転不足することがないクリーンなものだということも大きい。今季のルール改正で、回転不足のジャンプは厳しく判定されることとなったのだが、回転不足でジャンプを降りてくることがほとんどない彼女は、予定通りの「基礎点」を得ることができる。

GPファイナル初出場で優勝し、
メダルを手に笑顔を見せる紀平梨花=バンクーバー(共同)
 しかも、「さあ、跳びますよ」と構えて長く助走を取ってからではなく、プログラムの流れの中でジャンプを跳ぶことなどから、各ジャンプの「出来栄え点(GOE)」も高く評価されている。今季のルール改正では、このGOEが「プラス3~マイナス3」の7段階から「プラス5~マイナス5」の11段階と広がったため、紀平のジャンプは昨季以上に高い得点と評価されることが多いのだ。

 紀平の高い技術は、ジャンプだけにとどまらないのも強さの要因だろう。スピンではさまざまにポジションを変えたり足を替えたりするのだが、そうしたときに軸がぶれることも少なく、また、基本的な滑り(スケーティング)も非常に滑らかでスピードがある。