「私、後輩にバカにされるようにできてんのかなあ」。それは、“西の女帝”と称される彼女とは思えない言葉だった。つぶやきの主は上沼恵美子(63才)。12月10日、自身のラジオ番組での発言だ。

 12月2日に行われた『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼に対し、「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39才)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40才)がインスタグラムで暴言を吐いた騒動。

 上沼は久保田と武智からの謝罪を拒否し、騒動について、多くを語らなかった。

 「怒りよりも、上沼さんは傷ついた様子だったそうです。若手芸人の“暴走”なら、長くお笑いをやってる上沼さんにとって、それほど珍しいことじゃない。それよりも、最近若い芸人の中に上沼さんをバカにした態度をとる人がいた。今回の発言にもそれを感じて、気にしたのかもしれません」(芸能関係者)

 上沼は17才のときに姉と漫才コンビ「海原千里・万里」でデビュー。漫才だけでなくドラマや歌でも活躍するものの、1977年、結婚のため引退。しかし翌年本名で芸能界に復帰すると関西のトーク番組を中心に人気を集めた。

 お笑い界は、女芸人が1%以下という超男社会。女性が容姿や年齢をいじられるのは日常茶飯事。そんな中で上沼はのし上がり、“西の女帝”といわれるまでに上り詰めた。
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)
 歯に衣着せぬ本音トークで人気を博し、関西では誰もが知る名司会者となった上沼。「関西で彼女に逆らえる者はいない」といわれるほどの地位を築いたが、ここ数年は彼女の意外な素顔が垣間見えることもあった。

 2013年には自律神経失調症、2014年には急性肝炎と、ストレスが原因と思われる病気を発症。今年3月には、夫の存在や言動がストレスで心身に不調がでる「夫源病」であると告白した。