2018年12月21日 14:05 公開

アメリカ・オハイオ州の銀行が、給料の小切手を換金しようとした黒人男性を通報したことについて謝罪した。

ポール・マカウンズさん(30)は今月1日、新しい仕事の初任給の小切手を換金するため、オハイオ州クリーブランド郊外のブルックリンで、ハンティントン銀行の支店に立ち寄った。

銀行で案内通りに2種類の身分証明書を提示し、指紋採取にも応じたが、銀行職員は小切手の換金を拒否し、マカウンズさんに立ち退くよう求めた。

さらに銀行はマカウンズさんに気付かれないよう警察に通報し、マカウンズさんはその後に拘束された。

マカウンズさんはクリーブランド19ニュースに、「ものすごく恥ずかしかった」と話した。

何が起こった?

マカウンズさんは12月1日、新しい仕事で得た3週間分の給与1000ドル(約11万円)の小切手を換金するためにハンティントン銀行を訪れた。

マカウンズさんはこの銀行に口座を持っていないため、銀行職員はマカウンズさんに2種類の身分証明書び提示と指紋提供を求めた。

マカウンズさんによると、何人かの銀行職員が小切手を検査した後、換金を断られ、立ち退くよう求められたという。

しかし銀行は、マカウンズさんに知らせないまま、マカウンズさんが不正小切手を現金化しようとしたと警察に通報した。

警察はマカウンズさんに手錠をはめて警察車両に乗せ、その場でマカウンズさんの雇用主に連絡した。

この雇用主は警察に、「ええ、彼はうちで働いているし、仕事を始めたばかりだし、彼にその額の給与を支払いました」と答えたという。

ハンティントン銀行は声明で、「極めて不幸な出来事について、マカウンズさんに心から謝罪する」と述べた。

マカウンズさんは翌日に別の支店で小切手を換金したが、この謝罪は不十分だと話している。

「私は主に自分を警察に通報した人物に、謝罪を、誠実な謝罪を求めている」

ブルックリン警察によると、ハンティントン銀行のこの支店からは過去数カ月で10件以上の不正小切手の通報があり、いずれも逮捕につながったという。

(英語記事 Bank calls police over black man's cheque