片岡亮(ジャーナリスト)

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ』(ABC、テレビ朝日系)で審査員を務めたお笑いタレント、上沼恵美子への暴言騒動が注目を集めた。発言の主は、お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」の武智正剛。二人は騒動の広がりを知るや、早々に謝罪したが、ダウンタウンの松本人志ら先輩芸人からは相次いで𠮟咤(しった)の声が飛び、お笑いファンからも「彼らを見ても、もう笑えない」などと批判が高まった。

 この問題には主に三つの観点がある。まず、「先輩タレントに無礼な言動をした」ことによる波紋で、これは「芸能界の厳しい人間関係」を公にした。

 普段は率直な発言をする「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳も、ラジオでは「『(お笑いコンビの)霜降り明星が優勝したM-1グランプリ』って付けてあげてほしいですね。僕はもうそれだけです。それ以外のことは当事者でやっていただいて」とトラブルそのものには言及しなかった。あの明石家さんまも「会社に止められているから」と発言を控えた。久保田と武智を糾弾する以外、大物芸人たちでさえもジョークでイジりにくいほど、デリケートな問題だというのが伺える。

 「人物そのものを売るタレント業では、その人物を批判すれば相手の商売を邪魔することにもなるからね。先輩に牙をむけば、その先輩に関わる事務所や番組、テレビ局など業界全体を敵に回すことになる」とは、あるタレントマネジャーの見方だ。芸能界でなくとも無礼な発言というのは嫌悪される対象ではあるが、ここでは「営業妨害」という観点が出てくるわけだ。

 次に、この発言が「インターネットでの公開発言」だったという点がある。問題は12月2日の決勝放送後、武智が生中継の動画を配信中に起こった。複数の芸人が集まっていた中で、昨年の優勝者である久保田は自ら酒に酔っていることを明かしながら「そろそろ辞めてください。自分目線の感情だけで審査しないでください」と言い出した。

 「1点で自分の一生が変わるんで。たぶんお笑いマニアの人は分かってますわ。おまえだよ。一番右側のクソが!」。そう言い放って机を蹴った久保田に、傍らにいた芸人らの笑い声が上がる。さらに武智と思われる声が「右のオバハンには、みんなうんざりですよ。『嫌いです』なんて言われたら、更年期障害かと思いますよ」と続けたのである。

 発言内容から類推するに、これが上沼に対する暴言であることは明らかだ。動画は即座に削除されたが、視聴者の反響は大きく、2日後には二人人とも上沼の名を出して謝罪した。

 タレントは売名行為も商売であり、そのためには使えるツールを何でも使う傾向が強い。たとえ、自虐ネタであっても、それを利用することで人気が上がればいいのだが、久保田と武智に関しては、わざわざ逆効果になることをやってしまったのである。

 最近では、女優の剛力彩芽が恋人との熱愛ぶりをしつこいぐらいにSNSにアップして反感を買い、タレントのりゅうちぇるも入れ墨を彫ったことを公表し、バッシングを浴びた。しかも、一部ユーザーの批判に対し「こんなに偏見のある社会どうなんだろう」とわざわざ反論し、さらなる炎上を引き起こした。アナウンサーの長谷川豊に至っては「人工透析患者は殺せ」と題したブログ記事が炎上し、出演番組を全て降板する事態に発展したことは記憶に新しい。彼らに共通することは世間の反応、つまり空気を読めずに、タレントの持つ自己顕示欲の強さだけが先走ってしまったケースと言える。
お笑いコンビ、スーパーマラドーナの武智。コンビで『M-1グランプリ』に4年連続で決勝進出している=2018年3月撮影
お笑いコンビ、スーパーマラドーナの武智。コンビで『M-1グランプリ』に4年連続で決勝進出している=2018年3月撮影
 台本もなければフォローするスタッフもいない個人の活動では、そのスキルがより鮮明に露呈する。久保田も武智のケースも、後先考えずに居酒屋での放言をネットで垂れ流しただけであり、到底「芸」と呼べる代物ではなかった。

 「お粗末なネット動画なんか使わないと自分を売り込めない感覚自体が二流なんだよ。他人の悪口を売り物にするというのは、芸人として最も情けない方法。『更年期障害』なんて言葉を使ってしまうのも、話芸を売るタレントとして失格でしょう」(前出マネジャー)