倉山満(憲政史家)

 言うもはばかられる不吉なことだが、今のままでは悠仁親王殿下の代で皇統が絶えてしまう。おそれ多いことだが、あえて申し上げる。悠仁親王殿下には、何としてもお世継ぎをお育ていただき、皇位を継承していただかねばならない。これは日本国のすべての問題に優先する。

 敗戦で軍事力を奪われ、今や名ばかり経済大国にまで落ちぶれようとしている。しかし、すべてを失ったとしても、わが日本国には皇室がおられる。国民が皇室を守る限り、日本は何度でもよみがえるのだ。今までだって何度も危機を乗り越えてきた。

 だから、お世継ぎ問題こそはすべてに優先する日本国の最も重要な課題なのだ。これは、単なる宮務ではなく、国の命運がかかった国民全体の関心事であると自覚しなければならない。

 ここで、皇室を守るためにこそ、不吉を承知で申し上げたい。「皇室を滅ぼす最も手っ取り早い方法」を。悠仁親王殿下の結婚を可能な限り遅らせ、ご公務漬けにして子作りの時間をなくさせる。

 さて、今の宮内庁がこれをやらないという保証を、誰ができるというのか。もちろん、宮内庁の職員諸君全員が皇室を滅ぼしたいわけではなかろう。しかし、今のお役所仕事の宮内庁に任せておけば、間違いなくこうなる。そして、それをやめさせよう、ご公務を軽減してお世継ぎづくりに専念してもらおうとする者の動きを妨害だけしていればよい。そうすればどうなるか?

 皇室は滅ぼせる。

 悠仁親王殿下に男の子ができないと明確になったときこそ、女系天皇の出番だ。そのときになれば、「今までの伝統である男系男子は維持できなくなった。皇室維持のためには、皇室と血のつながる女性に皇位を継いでいただき、その御子孫に皇位を継承していただきたい」と言い出す者も出てくるだろう。

 まさか、女系を実現したいがために、悠仁親王殿下のお世継ぎづくりを邪魔する者など、宮内庁にはいないと信じたい。だが、信じられる根拠がないのも、また確かだ。

 さて、ここまで書くのにも尋常ではない決心をした。庶民であっても、他人の家庭の子作りに口を出すなど、非礼だ。まして、ことは皇族の方々のお世継ぎである。だが、先日の秋篠宮殿下の記者会見を拝聴し、今まで書くのをためらってきたお世継ぎ問題について言及する覚悟を決めた。該当部分を引用する。
チリ訪問から帰国された秋篠宮ご夫妻 =2017年10月、羽田空港(代表撮影)
チリ訪問から帰国された秋篠宮ご夫妻 =2017年10月、羽田空港(代表撮影)
 「今、宮内庁として考えていることは、いったん全て皇太子殿下のお仕事を宮内庁の方で引き取って、それを整理して、それで次に私がどのものをその後行っていくか、というのを検討しているところです」

 私はこの発言を聞いて、秋篠宮殿下は尋常ではない覚悟で発言されたと直感した。もし、私が皇室を滅ぼそうとする勢力の手先なら、こういう論陣を張るだろう。

 「皇室の方々がご公務を引き受けてくださることで、多くの国民が喜び、皇室と国民の絆が強くなる。また、今上両陛下は、皇室と国民の絆を守るために、多くのご公務をなされてきた。ご公務軽減と言うが、簡単な問題ではない」と。