2018年12月24日 15:24 公開

ドナルド・トランプ米大統領の対外姿勢に批判的な辞表を提出し、来年2月末に退任すると発表したジェイムズ・マティス米国防長官(68)について、トランプ氏は23日午前、1月1日に長官代行と交代することになるとツイッターで発表した。長官の辞表の内容を米メディアが好意的に伝えたことに、大統領が反発したものとみられている。

パトリック・シャナハン国防副長官(56)が1月1日から長官代行を務める予定。

トランプ氏はツイッターで、「とても才能あるパトリック・シャナハン国防副長官が、2019年1月1日から国防長官代行となることを発表できて嬉しい。パトリックは副長官として、そしてその前にはボーイング社で、多くの功績を重ねてきた。最高になるはずだ!」と書いた。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1076881816462737408


シャナハン氏はワシントン州出身。マサチューセッツ工科大学で機械工学と経営学を学んだ後、1986年にエンジニアとして航空大手ボーイングに入社した。2016年には上級副社長となり、2017年7月にはトランプ氏の指名を受けて国防総省入りした。

トランプ氏の「宇宙軍」創設構想には、声高に反対していたと報道されている。

「自分の見方に近い国防長官を」

トランプ大統領は19日、イスラム過激派勢力「イスラム国」(IS)はシリアで敗れたと宣言し、米軍約2000人を撤退させるといきなり発表した。退役海兵隊大将のマティス長官はその翌日、辞意を発表した。

長官は辞表でシリア撤退に直接言及はしなかったものの、それ以前に「戦略的失敗」になると警告していた。

辞表では、「同盟国を尊重」し、「共同の防衛を提供するため、アメリカの力のあらゆる道具」を使うことの重要性を強調。トランプ氏に向けては、「こうした事柄について、そして他の事柄についても、もっと自分自身の物の見方に近い国防長官を抱える権利があなたにはあるので、私は辞任するのがふさわしいと思います」と書いた。

長官はさらに、「この国の力は、独特で包括的な同盟関係や協力関係と、不可分に結びついていると、その核心的信条を私は常に抱えてきました。自由世界においてアメリカは不可欠な国ですが、それと同時に、強力な同盟関係を維持し、その同盟国を尊重しないことには、自国利益を守れないし、自由世界における自分たちの役割を果たせません」と書いた。

マティス長官の辞表の内容を米メディアなどが大きく取り上げるなか、トランプ氏は、シリア撤収に対して広がる懸念を鎮めようと、シリアの治安維持についてはトルコ政府と調整済みだとツイートした。

トランプ氏は、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と「両国がどのようにシリアに関わっているか協議し、周辺地域から米軍を時間をかけて、大いに調整しながら、いかに撤収するかを話し合った」と書いた。

トルコ大統領官邸は、両大統領が「お互いの国の軍事、外交、その他の担当者同士が確実に調整し合い、米軍撤収後のシリアの移行期において力の真空が生まれないよう」合意したと明らかにした。

シリアでは、少数民族クルド人勢力主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)が米軍の支援を得て、ISの掃討で成果を上げてきた。

トルコ政府はクルド人勢力を脅威とみなしている。そのためSDFは、米軍撤収を機にトルコが自分たちを攻撃してくるのではと懸念している。

<関連記事>


<解説> 鉄槌(てっつい)が下った――アンソニー・ザーカー、BBCニュース(ワシントン)

ドナルド・トランプ氏は当初、ジェイムズ・マティス氏の退任を「引退」と呼んでいた。しかし、長官の辞表は大統領の外交に対する間接的な批判にあふれていただけに、長官は決してただ「引退」するわけではないのが明らかだった。

自分へのこうした批判を、大統領が鷹揚(おうよう)に受け入れることなどほとんどない。そのため、騒ぎが大きくなるにつれて、退役大将が求めた退任までの2カ月の猶予期間は、認められるはずもなかった。

鉄槌は23日の朝に下った。もはや恒例の、大統領ツイートという形で。

後任のパトリック・シャナハン国防副長官は、社会人人生の大半をボーイングで過ごした。

防衛関連大手の元重役が国防総省のトップになるなど、たとえ一時的だとしても、異例のことだ。通常は、軍に対する監査経験を持つ政治家が務めるポジションだ。

しかし大統領は、今回の人事危機のきっかけとなった炎を消し止めようとしている様子だ。23日には、いきなり発表した米軍のシリア撤収は「時間をかけて、大いに調整しながら」行うとツイートした。

マティス長官が本人の意向より早く退任させられるとあっては、同盟諸国の不安や米外交担当者の怒りをなだめるにはこのツイートでは不十分かもしれない。しかし、始まりではある。


(英語記事 Patrick Shanahan: Trump names acting defence secretary