2018年12月25日 16:56 公開

ローマ法王フランシスコ1世(82)は24日夜、ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂でクリスマス・イブのミサを司式し、もっと簡素で身の回りのものにこだわらない生活を送るよう、先進国の人々に呼びかけた。

法王はまた、世界で貧富の差が大きく広がっていると非難。イエス・キリストは貧困の中、馬小屋で生まれたと言及し、人生の意味を考えるにあたり、全員がそのことに思いをいたすべきだと話した。

クリスマス・イブには毎年、サン・ピエトロ大聖堂でミサが開かれる。フランシスコ1世はカトリック教会の法王として6度目のクリスマスを迎え、ミサの説教で貧困に触れた。

法王は説教で、キリストの誕生が「がつがつ飽食したり、たくさんのものを溜め込むのではなく、他者に分け与える」という新しい生き方を提示したと述べた。

また法王は、「自分自身に問いかけよう。これほどたくさんのモノが、これほど複雑な暮らし方が、本当に自分に必要なのかと。不要で余計なものをすべて取り除いて、もっと素朴な暮らしはできないのか」と語りかけた。

「所有すること、有り余るほどのモノを持つことに、人生の意味を見出す人は多い。とどまるところを知らない強欲は、今日に至るまで人類史上いつも、豪勢な食事にありつく少数の人を生み出してきた。生き延びるのに必要な日々のパンさえ持たない人があまりに多いのとは逆説的だ」

<関連記事>

法王は25日、クリスマス恒例の「ウルビ・エト・オルビ」(ローマと全世界へ) の演説をサン・ピエトロ大聖堂のバルコニーで行う。

初のラテンアメリカ出身のローマ法王となったフランシスコ1世は即位以来、貧困層の窮状を浮き彫りにすることを重要なテーマとしている。

2016年のクリスマス・ミサで法王は、クリスマスの本当の意味は、物質主義を消し去ることにあると呼びかけた。

前ローマ法王のベネディクト16世も2011年のクリスマスに同様の演説をしている。

(英語記事 Pope Francis condemns world of materialism and poverty