政府は「新元号」の発表時期を、代替わり直前の2019年4月と定めた。平成との“二重権威”が生じるのを防ぐため、ぎりぎりまで遅らせることにしたという。改元は、歴史の転換点という位置づけなのである。

 だが実は歴史を振り返ると、元号は今ほど大事にされておらず、“えっ、そんな理由で?”と思ってしまうような改元が繰り返された時代があった。著書『「日本の伝統」の正体』が話題を呼ぶ作家・藤井青銅氏が、元号にまつわる“ざんねんな歴史”を詳らかにする。

* * *

 元号がなかった時代や空白期間は暦を「十干十二支」で表わしていた。

 中国伝来だが、「十干」とは甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸、「十二支」とは子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥で、この2つを組み合わせた。例えば、1年目は「甲子(甲のネズミ年)」、11年目は「甲戌」、60年目は「癸亥」と60年で一周する。これが還暦である。

 これの58年目に「辛酉」(辛のトリ年)があるが、平安時代に文章博士の三善清行が、「中国では、辛酉の年に天下がひっくり返るといわれている」と唱え、縁起が悪いので「辛酉」の年は必ず改元することになった。

 ほぼ同じ理由で、1年目の「甲子」の年も改元することに。1番目と58番目だが、60年周期なので3年しか離れていない。

 元号制度の“母国”である中国にはなかった制度だが、途中、戦国時代に中断はあったものの、幕末の「文久」(1861年、辛酉改元)、「元治」(1864年、甲子改元)まで続いた。
2017年12月、展示された橿原神宮の干支の大絵馬原画と絵馬=橿原市の橿考研付属博物館
2017年12月、展示された橿原神宮の干支の大絵馬原画と絵馬=橿原市の橿考研付属博物館
 このように日本が元号を独自解釈し続けたのに対し、中国は清が倒された時に廃止され、朝鮮半島やベトナムもすでに使っていない。

 日本でも戦後、元号廃止の危機があった。昭和22年に旧皇室典範が廃止されたときに、元号制度は法的根拠を失った。「昭和」は法的根拠がないまま使われていた期間があったのだ。

 法的に“復活”したのはそれから32年後の昭和54年である。元号法が成立し、平成6年に「公文書の年表記に関する規則」ができ、公文書では原則、元号を用いると決められた。改元を前に、そうした歴史があったことも知っておきたい。

●ふじい・せいどう/1955年生まれ。23歳で第1回「星新一ショートショート・コンテスト」入賞。これを機に作家・脚本家・放送作家として現在も活動中。

関連記事