松竹伸幸(ジャーナリスト、編集者)

 百田尚樹氏の新著『日本国紀』を、私は発売当初から読みたいと思ってきた。ただ話題になっているからではない。編集者の一人として、また歴史に関する著作のあるジャーナリストとして、一個人の手になる日本通史の描き方に大いに関心を持っていたからである。

 私が青春を過ごした1970年代は、マルクス主義と史的唯物論の影響を受けた「戦後歴史学」が影響力を持っていた時代である。日本通史についても、井上清の『日本の歴史』(上中下巻・岩波新書)などが幅を利かしていた。それは誤解を恐れずに言えば、国家権力に対する民衆の闘いが歴史を変革してきたという立場のものであり、現在の資本主義社会も永遠ではないことを教えようとするものであった。

 そのような「歴史観」が全面に出る歴史学のあり方には、内外から批判と反省もあり、歴史の描き方を巡る模索があった。しかし、ソ連の崩壊により、資本主義が社会主義に変わるという史的唯物論の根幹が挑戦を受けたことをきっかけとして、戦後歴史学は衰退していく。

 それでも、90年代半ばまでは、網野善彦『日本社会の歴史』(上中下巻・岩波新書)に見られるように、一人が日本通史を描く試みは続いていたのである。この本は「奴隷制社会、封建社会、資本主義社会などの(中略)社会構成の概念だけで、人類社会のきわめて多様なあり方をとらえうるかが、事実そのものの力によって問われている」(下巻「あとがき」)として、史的唯物論をそのまま日本社会に適用する態度に対して、批判する立場を明確にしている。それでも、史的唯物論に代わって、「事実そのものの力」を持って通史を描こうという問題意識が貫かれていた。

 しかし、その後の歴史学は、網野の問いかけを受け止め、発展させるようなことがなかったように思う。歴史観や歴史の全体像にも関心を持っていた歴史学者も少なくないであろう。だが、発表された著作を見れば分かるように、自分の専門分野を深く掘り下げる仕事に集中していった。

 こうして、歴史は「暗記物」となって、若者の関心も薄れていくことになる。「歴史観」が表れていたのは、明治以降の日本の戦争をどう捉えるかの分野に限られ、侵略と植民地支配の責任に関する歴史観も一定の方向性に保たれていた。

 そこに現れたのが、99年に刊行された西尾幹二氏の『国民の歴史』に代表される、戦後初めて登場した右派による通史であった。もともと、ドイツの文学・思想の研究者である西尾氏の著作であったから、日本史学の到達を踏まえたものではなく、学問的には大きな批判を浴びたが、国民の間では一定の支持を集める。

歴史学者の網野善彦=1998年11月撮影
 歴史学の全体が日本の戦争責任の解明に集まる中で、「日本の歴史は誇っていいものだ」という呼びかけには、それなりに国民の心に響くところがあったのであろう。その後も、学問の世界においては引き続き真面目な成果が出ているが、国民の間ではいわゆる「歴史修正主義」が跋扈(ばっこ)する状況が続いてきた。

 そのころから、私は編集者として、ある歴史観を持って日本の通史を描く著作を刊行したいと考え、多数の歴史学者に接近していった。それを通じていくつかの著作が生まれたが、どれも複数の著者によるものだ。

 特定の強烈な歴史観で日本通史を描くとなると、やはり一人で挑戦することが不可欠だと考えて働きかけてもいるが、まだ実ってはいない。いっそのこと、学者ではない人に依頼するしかないかとも悩んでいる。