2019年01月09日 15:40 公開

ドナルド・トランプ米大統領は8日、就任以来初めて大統領執務室からテレビ演説し、大統領選中から公約していた南部国境の壁建設について、「拡大する人道と安全保障上の危機」を食い止めるために不可欠だと強調し、議会に予算措置を求めた。一方で、連邦議会を迂回(うかい)するため国家非常事態を宣言するのではないかと予想されていたが、そこには踏み込まなかった。

アメリカ東部時間のゴールデンタイムにテレビの主要各局が生中継した大統領演説の直後には、大統領は自分の壁建設のため米国民を人質にとっているとする民主党幹部の反論が放送された。

国境の壁建設費用57億ドルをめぐる大統領と与野党の対立のため、一部の連邦政府機関は予算切れのため18日前から閉鎖しており、職員数十万人が無給勤務を続けているほか、多くは一時帰休を余儀なくされている。