清水英斗(サッカーライター)

 サッカーアジアカップ・グループリーグのトルクメニスタンとの初戦で、日本代表は3-2で辛うじて勝利を収めたが、足場の脆(もろ)さが浮き彫りとなった。確かに、2000年にレバノンで行われた大会を除けば、日本が圧倒的な実力を見せつけて、アジア杯を制したことは記憶にない。04年も、11年も、薄氷を踏むような戦いの末にたどり着いた僅差の優勝だった。

 それでも、タイトルという結果は記憶以上に濃いものだ。昨今は「アジアは優勝して当たり前」という空気が日本サッカーに広がっている。それが「強豪国のプライド=勝者のメンタリティ」であればよいが、「根拠のない自信=油断」になると、どうなるか。

 残念ながら、初戦を見る限りは、後者だったと言わざるを得ない。予想外の苦戦は、たるんだわれわれ日本人の頬を引っ叩(ぱた)くものになった。ただ、この苦味を初戦で味わい、どうにか結果を得たことは、今後を考えれば理想的だった。

 それにしても、なぜこれほどの苦戦を強いられたのか。

 理由の一つは、トルクメニスタンが組織的なチームであり、ゾーンディフェンスとカウンターの戦術を細かく整備してきたことにある。後述するが、その内容は日本に対する研究の跡が見られ、実際に大きな効果を発揮していた。

 理由の二つ目は、日本が準備不足だったことだ。守田英正(川崎)の負傷と、遠藤航(シントトロイデン)の発熱により、起用できる守備的MFがゼロになってしまった。そこで追加招集したのは、サイドバックの塩谷司(アルアイン)。ボランチも多少は経験したが、本職ではない。

 予備メンバーを用意しなかった日本は、長期オフに入って実戦から遠ざかっているJリーグ組から呼ぶことも不可能だ。もし、予備メンバーを用意していれば、山口蛍(神戸)や今野泰幸(G大阪)などMF候補はいたはずだ。
2019年1月9日、前半でトルクメニスタンに先制点を許し、渋い表情の日本代表の森保監督(右端)=アブダビ(共同)
2019年1月9日、前半でトルクメニスタンに先制点を許し、渋い表情の日本代表の森保監督(右端)=アブダビ(共同)
 その結果、センターバックのDF冨安健洋(シントトロイデン)を、かつてのボランチ経験を買ってコンバートすることになった。ところが、MF柴崎岳(ヘタフェ)との急造コンビは、どうにも機能しない。冨安はサイドへ行き過ぎるし、柴崎もスペースを守る意識が低い。このコンビではセンターバック前の「バイタルエリア」と呼ばれるスペースを管理できず、カウンターを食らい放題だった。

 日本の1失点目も2失点目もカウンターを仕掛けられ、中央を割られて失点につながっている。ボランチの準備不足が重くのしかかった。