そして、苦戦を強いられた三つ目の理由には、日本代表の新エースを右ふくらはぎのけがで欠いた影響を挙げておく。昨夏、森保一監督の就任以来「10番」を背負い続けてきた中島翔哉(ポルティモネンセ)である。

 トルクメニスタンは、中央に絞ってボールを奪い、攻撃的な両サイドハーフがすばやく出ていくカウンター戦術を採った。この戦術の有効性と、日本が中島を欠いたことは密接に結びつく。

 中島のプレースタイルはドリブルだ。左サイドに開いてボールを受け、1対1で仕掛けることを好む。相手が誰だろうと、味方が誰だろうと、同じプレーをする。中島はそういう分かりやすいタイプ。チームに1人いれば心強い、でも2人は要らない、そんな「ボール小僧」である。

 もし、日本の左サイドに中島がいれば、中央突破に偏りすぎず、サイドを使ったシンプルな仕掛けができたはずだ。必然、トルクメニスタンの守備が中央に絞ることは難しくなる。

 また、再三のカウンターで起点になった8番、MFルスラン・ミンガゾフも、中島の仕掛けに対して2対1で守備のヘルプに回らざるを得ない。高い位置でカウンターに絡むことはできなかっただろう。

 実際、後半になって、MF原口元気(ハノーバー)が左サイドの大外にポジションを修正し、中島のごとくドリブルの仕掛けを増やすと、一気にゲームは好転。これが打開の糸口になった。

 見事な修正だったが、そもそも中島がスタメンなら、この問題は起こらない。いや、中島がスタメンなら、トルクメニスタンも普段使っている4-4-2を捨て、日本対策の5-4-1を用いること自体なかったかもしれない。この対策はウイングドリブラーの中島がいない状況で、より効果を発揮するものだからだ。

2018年11月、ベネズエラ戦に
先発出場した日本代表MF中島翔哉。
アジア杯は直前のけがで欠場した
=大分銀行ドーム(蔵賢斗撮影)
 この辺り、サッカーの戦術はじゃんけんのようなものだ。中島を欠いた日本はグーを出せなくなった。何を出すか迷っているうちに、トルクメニスタンは、どうせグーはないだろうと安心してチョキを出してきた。これでは分が悪い。そこで後半、日本は原口をグーと明確に切り替えることで、この試合を乗り切ったわけだ。

 ただし、中島が出場していれば、最初からトルクメニスタンが違う戦術を用いた可能性はある。そうなれば結局、日本は別の状況で苦戦を強いられたかもしれない。そこは分からない。「中島がいれば全て解決」などと言い切れるほど、サッカーは単純ではない。

 それでも、一つ言えるのは、中島のような個性がハッキリした選手がいると、チームとして何を出すのか整理しやすいということだ。