選手への日ごろの取材で、時折「クラブチームと代表の違い」を聞くことがある。そこで誰もが口をそろえて答えるのは、「代表は普段一緒にプレーしていない選手とチームを作るのが難しい」ということである。

 クラブで毎日一緒に練習していれば、細かい動き方は感覚レベルで共有できる。何か修正を伝える必要があったとしても、「おい!」で十分かもしれない。

 しかし、代表チームになると、話は別だ。みんなが違う常識、違うセオリーの中でプレーし、身体がそれに慣れている。細かい部分の連係まで、しっかりと言葉にして、すり合わせなければ、思わぬズレを生むことになる。それが代表チームの難しさだ。

 だからこそ、中島タイプの価値は大きい。このボール小僧は、クラブだろうが代表だろうが、いつも同じプレーをする。受けたいところで受け、仕掛けるだけの繰り返しである。左サイドに開いてボールを欲しがっているので、預ければ何かをしてくれる。代表という難しい環境であっても、中島だけはわかりやすい。それは、彼が唯一無二の武器を持っているからだ。

 例えば、日本の攻撃が中央に偏ってしまったとする。相手の守備もそこを狙っている。もっとサイドから仕掛けたい…。その瞬間、11人の頭に同じ絵が降ってくる。

 「ショーヤ!」

 攻撃が真ん中で詰まれば、あのボール小僧に預けて、サイドから仕掛けさせればいい。たとえ代表であっても、同じイメージを共有できる。分かりやすい中島のプレーは、味方にとっても分かりやすいからだ。

2019年1月9日、アジア杯・トルクメニスタン戦の
前半、攻め込むMF原口元気(蔵賢斗撮影)
 トルクメニスタン戦は、「10番」という芯を失ったチームが迷走した。それは必然でもある。これまで唯一無二のドリブラーに呼応し、周りがバランスを整えてきたのだから。それがいきなり不在となれば、このチームがじゃんけんで何を出せるのか、手探りになるのはやむを得ない。

 一方、同じドリブラーでも、原口は中島とは異なり、これまでどんな状況でも、どんなポジションでも、チームのリクエストに献身的に応えてきたタイプである。その原口が後半のように、再びボール小僧の姿に戻るのか。あるいは長友佑都(ガラタサライ)らとの絡みで、柔軟に連係的に、中島には出せないじゃんけんを出していくのか。そこは今後の見どころになるだろう。

 乞うご期待である。アジア杯は始まったばかりだ。