2019年01月15日 16:52 公開

メキシコ国境の壁建設費用をめぐり米連邦政府の一部閉鎖が続く中、ドナルド・トランプ米大統領は14日、ホワイトハウスを表敬訪問した大学アメフト・チームに大量のファストフードを振る舞った。

トランプ氏は、大学アメフトの全米王者となったクレムソン大タイガースをホワイトハウスに招き、取り寄せたハンバーガーやフライドポテト、ピザ、サラダなどで歓待した。

「(連邦政府)閉鎖のため(中略)アメリカのファストフードを注文した。費用は僕もちで」と、トランプ氏は晩餐室で記者団に話した。「たくさんのピザにハンバーガー300個、それはもうたくさんのフレンチフライ。みんなの大好物ばかりだ」。

「最後にどれだけ残っているかな。ほとんど残らないと思う」とトランプ氏は言い、好物のファストフードは何か記者に質問されると、「アメリカ製なら何でも好きだ。ここにあるのは全部、アメリカ製だ」と強調した。

ファストフード調達に大統領がいくら払ったかは不明だが、政府閉鎖を理由に学生たちの歓迎会を延期したくなかったとトランプ氏は話した。

サウスカロライナ州のクレムソン大は12日、カレッジ・フットボール・プレイオフで優勝した。

トランプ氏が大統領選中から公約していたメキシコ国境の壁の建設費について、大統領は連邦予算57億ドルを要求し、議会がこれを認めない限り連邦政府のつなぎ予算に署名しない方針。これに対して、1月から下院多数党となった民主党は、不法移民対策として壁建設は効果が期待できず納税者に費用を負担させるのは大統領の公約違反だと強く反発。多くの政府機関が昨年12月22日から閉鎖状態にある。

連邦政府で働く約80万人が無給状態に置かれており、空港職員やシークレットサービスなどが無給勤務を続けているほか、多くの職員が無給で一時帰休させられている。ホワイトハウスの維持に関わる職員の多くも同様の状態だ。

<関連記事>

学生たちの歓迎会に先立ち同日、ルイジアナ州ニューオーリンズで農業関係者の会合に出席したトランプ氏は、国境の壁のため戦い続けると述べた。

「アメリカ国民の安全を守るためなら、僕は絶対に決して、後に引かない」と大統領は強調した。

他方で国防総省は14日、メキシコ国境沿いへの陸軍配備を9月末まで続けると発表した。昨年11月に大統領命令で米兵数千人が国境地帯に配備された際には、12月に終わる予定だったが、国土安全保障省の要請ですでに2回にわたり延長されていた。

(英語記事 Trump orders '300 burgers' to White House amid shutdown