菊地高弘(ライター、編集者)

 それは衝撃のニュースだった。正月気分が抜け切らない1月7日。フリーエージェント(FA)となり、広島から巨人へと移籍した丸佳浩の人的補償として、巨人の生え抜きベテラン選手である長野久義が広島に移籍すると両球団から発表されたのである。

 巨人は2018年12月20日にも、西武からFAで獲得した強肩捕手、炭谷銀二朗の人的補償として、かつての左腕エース、内海哲也を失っている。相次ぐ人気選手の流出に球界は騒然となった。

 メディアの論調は、人的補償の対象にならない28人のプロテクト枠に功労者である両選手を入れなかった巨人に対して「非情」と批判する向きが多かった。内海も長野も、アマチュア時代に他球団からドラフト指名を受けながら入団を拒否して、数年後に希望球団の巨人に進んだ経緯がある。

 長野に至っては日大時代の06年、社会人野球のホンダに在籍した08年の2度にわたり、指名を拒否してまで巨人入団にこだわった。そんな2人の入団経緯もあり、批判に拍車をかけた感がある。

 私は複数のメディア関係者から「元巨人ファンの立場から、この事態をどう見ますか?」と聞かれることがあった。昨年4月、私は今や国民的球団ではなくなった巨人とファンの関係について調査した『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(イースト・プレス)という書籍を上梓していたためだ。

 ただ、誤解のないようにしておきたいのは、「元巨人ファン」は必ずしも「アンチ巨人」ではないということだ。私自身も元巨人ファンだが、巨人に対して「もう恋愛感情はないけど、幸せを祈っている」という「元彼感覚」のスタイルである。巨人を批判することに血道をあげる「アンチ」とは一線を画す。

 その立場から見れば、今回の功労者流出劇は「仕方がなかったのでは」という感想しかない。内海と長野を熱烈に応援していた巨人ファンには気の毒ながら、「生え抜きを大事にする」と「強くなる」は必ずしもイコールではないからだ。
2011年10月、横浜戦のお立ち台で笑顔を見せる巨人・長野久義(左)と内海哲也=東京ドーム(吉澤良太撮影)
2011年10月、横浜戦のお立ち台で笑顔を見せる巨人・長野久義(左)と内海哲也=東京ドーム(吉澤良太撮影)
 そもそも、巨人が丸や炭谷を補強したのは「結果が出ていないから」という、実にシンプルな理由があったからだ。球団ワーストタイの4年連続で優勝を逃すという危機的状況があり、昨年10月のドラフト会議では根尾昂(大阪桐蔭高、中日ドラフト1位)や辰己涼介(立命館大、楽天1位)といったスター候補のクジを外した。

 昨シーズンに大ブレークした若き主砲の岡本和真や、上積みの期待できる正二塁手候補、吉川尚輝といった楽しみな選手はいるものの、他に来季から看板選手になりうる有望な若手は乏しい。となれば、補強は新外国人かFAしかない。