2019年01月22日 13:40 公開

パンやシリアルといった朝食の食べ物が、商品を値下げせずにサイズを小さくして実質的な値上げを図る「シュリンクフレーション」の影響を最も受けていることが、イギリスの国家統計局(ONS)の統計で明らかになった。

ONSは2015年9月~2017年6月に、イギリスで販売されている1万7000品目の商品を調査した。

その結果、調査対象のうち206品目が商品サイズを縮小していた。一方、サイズが大きくなったのは79品目だった。

ブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)をめぐる議会での採決を受けてポンドは上昇傾向にあり、輸入品の値段が上がっている。しかし、ONSは、ブレグジットがシュリンクフレーションをけん引しているわけではないと指摘する。

「調査機関にはEU離脱をめぐる国民投票を含んでいるが、その間に商品サイズの変更が増えたという傾向はない」

ONSの調査によると、シュリンクフレーションが最も多かった商品項目はパン・シリアルで、36品目でサイズが小さくなっていた。これに食肉と菓子類が続いた。

一方で、ほとんどの項目でサイズが大きくなっている商品があることがわかった。パン・シリアルでは18品目が、食肉では13品目でサイズが大きくなった。

また、商品サイズの拡大が行われていたのはたばこで、この項目ではシュリンクフレーションが見られなかった。

消費者に気づかれないよう密かに利益を拡大」

ONSによると、2016年に値段を変えずに商品サイズを小さくしたのは全体の1~2.1%だった。

一方、商品サイズが大きくなった食品はわずか0.3~0.7%。サイズを縮小する傾向が強いものの、シュリンクフレーションは大きな問題とはなっていない。

ONSのインフレ担当マイク・ハーディー氏は、「消費者はここ数年で、いくつかの企業が値段を据え置いたままで商品のサイズを小さくしたのに気付いているでしょう。これは大抵、運営・製造コストの増加が原因です」と説明した。

証券会社ハーグレーヴス・ランスダウンの金融アナリスト、サラ・コールズ氏は、最近は商品の値上げはほとんど行われていないと指摘した。

「企業はこれまで、原材料の値上げがシュリンクフレーションの原因だとしてきた。ここ数年で原材料価格は下がったものの、商品サイズの縮小は続いている」

「ONSは、シュリンクフレーションがポンド下落によるものかを調査したが、ブレグジットとの関連性は見出せなかったとしている。シュリンクフレーションは単に、メーカーが消費者に気づかれないよう密かに利益を拡大する方法を見つけたということなのかもしれない」

(英語記事 Breakfast hit by shrinkflation