2019年01月23日 12:33 公開

デイヴ・リー BBC北米テクノロジー担当記者

アメリカ・ニューヨーク郊外のニュージャージー州ニューアーク・リバティー国際空港の近くで22日、小型無人機(ドローン)2機の目撃情報が寄せられたことを受けて、滑走路が閉鎖された。

ドローンを目撃したパイロットが航空管制官に伝えたところによると、パイロットが操縦する航空機から9メートルの距離にまでドローンが接近してきた。

このパイロットがドローンを目撃したのはニューアーク国際空港近くにあるティーターボロ空港だったが、万が一に備えて、ニューアーク国際空港の滑走路が閉鎖された。

ニューアーク国際空港は、アメリカ国内で11番目に混み合う空港で、年間2000万人が搭乗に利用する。

昨年12月のクリスマスシーズンには、イギリス・ロンドン近郊のガトウィック空港でドローンの目撃情報が相次ぎ、3日間に渡り閉鎖に追い込まれたほか、今月初めにはヒースロー国際空港で出発便が一時中断されている。

<関連記事>

米連邦航空局(FAA)の声明によると、22日午後5時頃、ニューアーク国際空港に着陸しようとしていた複数の航空機から2件の目撃情報が寄せられた。ドローン1機は、ニュージャージー州テターボロの上空約1066メートルを飛行していたという。

これにより、ニューアーク国際空港への到着便は一時中断されたが、その後ドローンの目撃情報がなかったことから、到着便は再開された。

ニューアーク国際空港を拠点とするユナイテッド航空は、「ニューアーク国際空港からの出発便については、到着便の処理が完了するまでは中断せざるを得ない。まもなく出発便も再開できる見通しだ」と話した。

また、「今のところ、我々の業務への影響は最小限にとどめられている。空港とアメリカ連邦航空局(FAA)と連携し、なるべく早期に通常業務に戻れるよう努める」とし、空の便への影響を長引かせない方針を明かした。

今回のニューアーク国際空港での騒動について、警察が捜査を進めている。

広がるドローンの脅威

ドローンは、航空業界にとってかなりの脅威となっている。

英ヒースロー国際空港では今月初め、ドローンの目撃情報を受けて滑走路が約1時間閉鎖されたが、その後すぐに通常運航に戻った。

一方で、英ガトウィック空港がこうむった影響ははるかに大きい。昨年12月19日から21日まで、3日間にわたり閉鎖を余儀なくされ、約14万人が足止めとなった。

ガトウィック空港でのドローン騒ぎをめぐっては、2人が一時逮捕されたが容疑なしで釈放されている。これまでのところ犯人逮捕には至っていない。

万が一に備えて

今回のアメリカでのドローン騒動は、空港の近くを飛行するドローンを阻止する技術の開発と、その配備への議論を活発化させるだろう。

イギリスの航空会社イージージェットのヨハン・ランドグレンCEOは、一連のドローン騒動は「警鐘」だと指摘している。

警察とガトウィック空港のスタッフは、別のドローンが目撃された場合を想定し、今年中に訓練を行うなど準備を計画している。

イギリス政府は先週、空港周辺の立ち入り禁止区域を半径5キロに拡大するなど、ドローン対策強化のための追加権限を警察に与える措置を発表した。閣僚はまた、重さ250グラムから20キログラムまでのドローンを操縦する者には、11月30日から登録が必要となる上、オンラインでドローンのパイロット能力試験の受験が課されると発表した。

アメリカでは、「ドローンレジストリ」と呼ばれるドローン所有者の登録がすでに設置されていて、免許を持った操縦者が所有する130万機以上のドローンが登録されている。

しかし、当局者は、何十万ものドローンが未登録の可能性があるとしている。

(英語記事 Drone sighting disrupts major US airport