実際、常に冷静で平常心を保つことが、望ましいメンタルコントロールだとして、ジュニア選手への教育も行われている。何より、ラケットという道具に怒りをぶつけることに「バチが当たる」「勝利の女神に見放される」などと考えてしまいやすいのは、日本人ならではである。

 だが、人の感情は実はそう簡単にコントロールできるものではない。

 殊に錦織は、サッカー元日本代表MF本田圭佑との対談の中で、「どうしてもきれいなショットが決まらないと嫌だったり、曖昧なポイントの取り方が嫌だったり、相手のミスでポイントを取ってもうれしくなかったり」と「完璧」に対する異常なまでのこだわりを示し、それがプレー中の怒りにもつながっていることを示唆している。

 自分自身のプレーへのこだわりに起因した感情だとすれば、なおさら「感情的にならない」などということは不可能であろう。

 感情の生起によって、パフォーマンスを落とさないための重要な要件は「ネガティブな感情をきちんと終わらせ、ポジティブな感情に至るプロセスを作る」ということである。おそらく、彼はこのプロセスができているからこそ、怒りをパフォーマンスに転化できているのではないか。

 つまり、怒りの感情に苛(さいな)まれて、その感覚に留まり続けていれば、いずれ冷静さを完全に無くしてしまうことにつながる。しかし、行為自体が決して褒められたことではないことを前提にしても、ラケットを投げつけることで、自分の「怒り」を終わらせることにつながっているのだ。

 スポーツ心理学の権威であるジム・レーヤー氏の理論でいえば、人が逆境に置かれた際、「ダメだ」「もう無理だ」という「諦め」の感情が、「再び戦いを挑む」というチャレンジの感情に、直接的にはつながらない。

全豪オープン男子シングルス4回戦、逆転勝ちで8強入りを果たした錦織圭=メルボルン(共同)
全豪オープン男子シングルス4回戦、
逆転勝ちで8強入りを果たした錦織圭=メルボルン(共同)
 テニスのようなターンオーバー(攻守交代)が頻繁に生じるスポーツでは、プレーヤーが劣勢に置かれ、「もうダメかもしれない」と気持ちが切れてしまいそうになる瞬間は数多くあるだろう。フルセットの戦いになるとすれば、シーソーゲームになっていることが多いわけだから、なおさらである。

 その際、気持ちをつなぐのはまさに「怒り」なのである。そして、怒りを何らかの形で発散することにより表れてくるのは、チョーキング、つまり「ビビる」「不安になる」という感情だ。

 ナーバスになり、落ち着かなくなったり、呼吸が速くなり、視線が定まらなくなったりする。実は、これが良いサインであり、怒りを処理できた証しである。気持ちがリセットされ、一度不安になることによって、冷静に次の「チャレンジ」の気持ちを見いだしやすくなる。すなわち「切り替え」に成功するのである。