石井哲也(北海道大学安全衛生本部教授)

 2018年11月28日、私は香港大学で開催された第2回国際ヒトゲノム編集サミットで世界を驚愕(きょうがく)させた臨床研究報告に聞き入っていた。中国の賀建奎(が・けんけい)南方科技大学副教授がゲノム編集を使い、体外でヒト受精卵(胚)の、ある遺伝子を意図して「変異」させ、双子の女児、ルルとナナが無事誕生したと報告したからである。

 後の報道によれば、中国当局は遺伝子改変で双子が誕生した事実を認定した。賀副教授は国外研究者を含む研究チームを作り、倫理審査書類をねつ造し、自ら研究資金を調達することで監査をすり抜けて、安全性が疑われるヒト遺伝子改変を実行したと糾弾された。すなわち、この事件は研究倫理と生命倫理の問題がある。

 賀副教授は意図してCCR5遺伝子を変異させたが、その目的は生まれた子にエイズウイルス(HIV)感染抵抗性を付与することと主張した。双子の父マークはエイズ患者で、母グレースと相談し、わが子が先々遭遇しうるHIV感染に抵抗できるようにゲノム編集に同意したという。

 しかし、ゲノム編集を使って生前にエイズ予防をしなくても、ルルとナナに無防備なセックスなどを控えるように教育すれば、大方のリスクは回避できる。医学的に切実なニーズもないのに実験的な生殖技術を使って「デザイナーベビー」を作出したと指弾する報道が出たゆえんである。

 ヒト胚ゲノム編集の論文はこれまで10報あり、その内9論文に中国の研究者が関与し、多くは中国政府の研究助成を受けている。9報はどれも、将来、遺伝子改変で子における疾患発症を目指す基礎研究の論文である。中国では遺伝子改変人間の作出は禁止されていたが、その罰則条項がない生殖医療指針による規制にも懐疑の目が向けられた。
※写真はイメージです(GettyImages)
※写真はイメージです(GettyImages)
 よって、ほとんどの国内外の報道は賀副教授の資質を、「デザイナーベビー」の作出を、ひいては中国における科学振興と規制を批判した。

 しかし、冷静に事態を見つめると、ルルとナナを「デザイナーベビー」と烙印(らくいん)を押すのは、行き過ぎである。欧米に先天的にCCR5変異を持つ人は実在し、HIV抵抗性を除けば、一般の人々とかけ離れた外見や特性を持つわけではない。