大河に限らず、高視聴率を取れるドラマというのは、1に「主人公のわかりやすい人物像」、2に「単純な対立構造」、3に「魅力的な登場人物」が必ずある。女性票を集めるのは「恋愛関係あるいは主従関係の妙」でもある。

 1は言わずもがな、坂本龍馬とか西郷隆盛とか、ルックスも気質も功績も、誰もがうっすらと分かるような歴史上の有名な人物だ。あるいは『相棒』『ドクターX』『科捜研の女』のように、変人、傍若無人(ぼうじゃくぶじん)、ワーカホリック(仕事中毒)など、とっつきにくいが異常に分かりやすい性質の人物である。そこが見えれば、入り込みやすい。

 2もしかり。無謀かつ無慈悲な名を下す暴君に立ち向かうとか、権威主義に逆らうとか、子供でも老人でも分かる対立構造。『おんな城主 直虎』で言えば無茶ぶりする今川家、『半沢直樹』で言えば責任をなすりつけてくるクソ上司。敵が分かりやすいというのは、老若男女が見る上でたぶん必須なのだろう。

 そして、3はどうか。主役でなくてもいい。主人公に仕える手練(てだ)れの右腕でもいいし、心底嫌悪感を抱かせるヒールでもいい。誰かフックになる「お気に入り」が見つかれば、自ずと見続けるはずだ。私自身は『龍馬伝』の香川照之、『平清盛』の井浦新、『軍師官兵衛』の家臣たちに、『西郷どん』の青木崇高あたりだ。主役はさておき、彼らに魅力を感じて視聴し続けた記憶がある。女性が見守るキャラクターは、二枚目や人気俳優であることが多いけれど。
 
 この3つを、しょっぱなからどーんとぶつけて惹きつけることもあれば、時間をかけてじっくり描く場合もある。『いだてん』は今のところ、一つもクリアしていない。それがスタートダッシュの敗因だ。既に4回放送し、うっすら芽生えかけているモノはあるが、まだ全体としてはとっ散らかっている状態。だから、せっかちな客は離れてしまったのだ。
五代目古今亭志ん生を演じるビートたけし
五代目古今亭志ん生を演じるビートたけし(桐原正道撮影)
 懸念はまだある。落語家編も同時進行で入り乱れているのが気になる。目と耳が慣れてくれば気にならないかもしれないが、このパート、このドラマに本当に必要? 体育会系の猛者と日本人の苦労話だけじゃダメ? 日本のスポーツの夜明けだけでよくない? 大多数の単純明快を求める人は、シンプルにそう思うのではないか。いや、「複数の伏線が最終的に大団円」が大好きなドラママニアにも、ある提案が脳裏をよぎる。それは、「落語家パート分離案」である。